デルタアメックスゴールドの損益分岐点

デルタアメックスゴールドの損益分岐点

デルタアメックスゴールドはマイルが貯まりやすいカードですが、年会費が高いのも確かです。

どれぐらいカードを利用すれば、年会費の元が取れるのかは気になるところでしょう。

ここからはデルタアメックスゴールドの損益分岐点を計算します。カードの利用額が損益分岐点を上回るなら、超えた分だけマイルで得していることになります。

デルタアメックスゴールドの公式サイトを見る

 

1年目はボーナスマイルだけで元が取れる

デルタアメックスゴールドに入会すると、1年目は47,000マイルをボーナスマイルとしてもらえます。それに対して年会費は28,080円です。

得られるボーナスマイルが年会費を大きく上回っているため、1年目はボーナスマイルだけで年会費の元が取れます。

問題はボーナスマイルがもらえなくなる2年目以降です。

デルタアメックスゴールドの公式サイトを見る

 

2年目以降の損益分岐点は83万6000円

2年目以降は継続利用特典として3,000マイルもらえます。年会費の28,080円を差し引いて、実質的な年会費は25,080円です。

そしてデルタ航空で航空券を購入する時に、デルタアメックスカードを使うことで、得られるマイルが3倍になります。言い換えると還元率が3%になるということです。

そして25,080円を3%で割ると、答えは836,000円です。つまりデルタ航空の利用が836,000円超えると、2年目以降もマイルで年会費の元が取れるということです。

デルタアメックスゴールドの公式サイトを見る

 

デルタアメックスゴールドのまとめ記事はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました