おすすめはアメックスゴールド! 空港・保険・遅延補償などのサービスが高水準

デルタアメックスゴールドの評判は? メリット・デメリットまとめ:スカイマイル3倍、ゴールドメダリオン資格

デルタアメックスゴールド

デルタアメックスゴールドは、デルタアメックスの上位カードです。年会費は26,000円(税抜き)と高め。

年会費は2倍くらい高くなりますが、獲得できるマイルが増え、付帯されるサービスも豪華になります。

ただクレジットカードの仕組みは複雑で、デルタアメックスゴールドのメリットも把握しにくいはずです。

そこでこの記事では、デルタアメックスゴールドのメリット、デメリット、付帯サービスなどをわかりやすく解説することにしました。

 

  1. デルタアメックスゴールドのメリット
    1. メリット1、家族カード1枚目の年会費が無料
    2. メリット2、入会から1年間デルタ航空の会員資格「ゴールドメダリオン」を付与
    3. メリット3、デルタ航空の利用でマイルが3倍に
    4. メリット4、海外での買い物でマイルが1.5倍に
    5. メリット5、カード利用継続で3,000マイルボーナス
    6. メリット6、旅行傷害保険が自動付帯にも対応
  2. デルタアメックスゴールドのデメリット3つ
    1. デメリット1、ゴールドメダリオンを維持するには、年間150万円以上のカード利用が必要
    2. デメリット2、年会費が高い(税抜き26,000円)
    3. デメリット3、デルタ航空以外だとマイルが貯まりにくい
  3. デルタアメックスゴールドの口コミ・評判
    1. 良い口コミ
    2. 悪い口コミ
  4. デルタアメックスゴールドとデルタアメックスの違いを表で比較
  5. デルタアメックスゴールドの空港サービス
    1. 空港ラウンジ無料利用
    2. 手荷物無料宅配サービス
    3. エアポート送迎サービス
    4. 空港パーキングの料金割引
    5. 無料ポーターサービス(手荷物を運んでもらえる)
    6. 空港クロークサービス(空港で手荷物を預けられる)
  6. デルタアメックスゴールドの旅行先サービス
    1. オーバーシーズ・アシスト(海外で医療・法律の日本語サポート)
    2. 海外用レンタル携帯電話の料金割引
    3. レンタカーの国内利用料金が5%割引
    4. 京都観光ラウンジ
    5. トラベル・サービス・ロケーション(旅行先の情報を取得できる)
    6. カーシェアリング「タイムズ カー プラス」の発券手数料(1,550円)が無料に
  7. デルタアメックスゴールドの旅行傷害保険
    1. 傷害死亡・後遺障害保険金:最高1億円
    2. 傷害治療費用保険金:最高300万円
    3. 疾病治療費用保険金:最高300万円
    4. 賠償責任保険金:最高4,000万円
    5. 携行品損害保険金:1旅行中最高50万円(年間100万円まで)
    6. 救援者費用保険金:保険期間中最高400万円
  8. デルタアメックスゴールドのカードプロテクション
    1. 不正プロテクション(不正を通知、損害額はアメックスが負担)
    2. カード紛失・盗難の場合の再発行
    3. オンライン・プロテクション(不正利用されても損害額を補償)
    4. ショッピング・プロテクション(商品の損害を補償、最大500万円、免責1万円)
    5. リターン・プロテクション(アメックスが商品の返品を代行、年間15万円)
    6. キャンセル・プロテクション(イベントのキャンセル費用を補償)
    7. American Express SafeKey(Eメールによる2段階認証)
  9. デルタアメックスゴールドの娯楽サービス
    1. ダイニング・トレンド(レストラン検索サイト、レポート記事あり)
    2. チケット・アクセス(チケットの先行予約、限定特典)
    3. ゴールド・ワインクラブ(ソムリエによるワインのアドバイス)
    4. コットン・クラブ(ライブ・レストランでの優待特典)
    5. 新国立劇場(ドリンクサービス、チケット先行購入など)
  10. デルタアメックスゴールド家族カード
  11. デルタアメックスゴールドの審査
  12. デルタアメックスゴールドの改悪された点・改善された点
  13. デルタアメックスゴールドの解約方法は電話のみ
    1. 解約時の注意点
  14. デルタアメックスゴールドの損益分岐点
    1. 1年目はボーナスマイルだけで元が取れる
    2. 2年目以降の損益分岐点は83万6000円
  15. デルタアメックスゴールドはこんな人におすすめ!

デルタアメックスゴールドのメリット

デルタアメックスゴールドのメリットは下記の通りです。

  • 家族カード1枚目の年会費が無料
  • 入会から1年間デルタ航空の会員資格「ゴールドメダリオン」を付与
  • デルタ航空の利用でマイルが3倍に
  • 海外での買い物でマイルが1.5倍に
  • カード利用継続で3,000マイルボーナス
  • 旅行傷害保険が自動付帯にも対応

それぞれのメリットを順に見ていきましょう。

 

メリット1、家族カード1枚目の年会費が無料

デルタアメックスゴールドでは、1枚目の家族カードの年会費が無料になります。

得られるメリットは下記の通り。

  • カード利用100円につき1マイル加算
  • デルタ航空の利用でマイルが3倍に
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 旅行傷害保険
  • オーバーシーズ・アシスト
  • キャンセル・プロテクション
  • オンライン・プロテクション
  • リターン・プロテクション
  • ショッピング・プロテクション

ただしデルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン」は付帯しません。あれは基本カード会員限定のサービスです。

デルタアメックスゴールド家族カード

 

メリット2、入会から1年間デルタ航空の会員資格「ゴールドメダリオン」を付与

デルタアメックスゴールドを発行すると、1年間だけデルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン」が付与されます。

この資格があれば、スカイマイルがより貯まりやすくなり、デルタ航空のフライトも快適になります。

ゴールドメダリオンの特典は以下のとおりで、太字はシルバーメダリオンにないサービスです。

  • ご利用額1ドルにつき8マイルボーナス(シルバーは7マイル)
  • スカイチームラウンジアクセス
  • スカイプライオリティ(スカイチームでの搭乗手続きがスムーズに)
  • 優先チェックイン
  • 優先空席待ち
  • 優先搭乗
  • セキュリティライン優先アクセス(セキュリティチェックがスムーズに)
  • お手荷物の優先的なお取扱い
  • 手荷物手数料免除
  • 座席のアップグレードが出発の3日前から可能に(シルバーは1日前から)

ただし資格の維持には、前年度に150万円以上のカード利用が必要です。(100万円以上ならシルバーメダリオンに降格)

 

メリット3、デルタ航空の利用でマイルが3倍に

デルタ航空の航空券を買う時に、デルタアメックスゴールドを利用することで、得られるポイントが3倍になります。

カード利用100円につき3マイル貰えるということです。還元率3%と考えれば、なかなかお得です。

ただしこのポイント3倍が適用されるのは、デルタ航空で航空券を購入したのみです。

それ以外の旅行代理店でデルタの航空券の購入した時、もしくはデルタ航空以外の航空券を購入したときは適応されません。

デルタ航空をメインに使う人には、お得な制度です。

 

メリット4、海外での買い物でマイルが1.5倍に

海外での買い物にデルタアメックスを利用すると、得られるマイルが1.5倍になります。

より厳密に言うと、カードを外貨建てで利用したときですね。

海外でお土産を買うとき、高価な商品を買うときなどに利用したい特典です。

 

メリット5、カード利用継続で3,000マイルボーナス

デルタアメックスゴールドを継続利用することで、3,000マイルのボーナスが貰えます。

継続利用が条件なので、初年度はボーナスがもらえず、2年目以降からもらえるようになります。

ボーナスマイルがもらえるタイミングは、カードの年会費を支払ってから1、2ヶ月後です。

 

メリット6、旅行傷害保険が自動付帯にも対応

デルタアメックスゴールドの旅行傷害保険は、自動付帯にも対応しています。

つまり旅費の支払いにデルタアメックスゴールドを利用していなくても、保険金が支払われます。ただし、補償される金額は少なくなりますが。

旅行傷害保険の自動付帯はデルタアメックスにはありません。デルタアメックスゴールド限定のサービスです。

そのため旅費をうっかり他のカードで支払っても、自動で保険に加入してくれるわけです。

 

 

デルタアメックスゴールドのデメリット3つ

デルタアメックスゴールドのデメリットは以下の3つです。

  • ゴールドメダリオンを維持するには、年間150万円以上のカード利用が必要
  • 年会費が高い(税抜き26,000円)
  • デルタ航空の利用以外だとマイルが貯まりにくい

では、それぞれのデメリットを順に解説しますね。

 

デメリット1、ゴールドメダリオンを維持するには、年間150万円以上のカード利用が必要

デルタアメックスゴールドの最大の特典は、デルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン」です。

これがあればデルタ航空のフライトが快適になり、スカイマイルも貯まりやすくなります。

しかし2018年6月26日から制度が変更され、ゴールドメダリオンの資格を維持するには、前年度のカード利用額で150万円を超えないといけなくなりました。

カードの利用額が少ないと、シルバーメダリオンに格下げ、もしくはメダリオン資格を喪失します。

ゴールドメダリオン資格を利用し続けたいなら、カード利用額150万円以上をキープしましょう。

 

デメリット2、年会費が高い(税抜き26,000円)

デルタアメックスゴールドの年会費は、税抜き26,000円と高額です。

頻繁に海外旅行をして、なんどもデルタ航空を利用しないと、年会費の元が取れません。

デルタアメックスゴールドの特典や付帯サービスをしっかり確認して、高い年会費の割に合うかじっくり考えましょう。

 

デメリット3、デルタ航空以外だとマイルが貯まりにくい

デルタアメックスゴールドはデルタ航空のサービスに特化したカードです。そのためデルタ航空以外の航空会社を利用しても、マイルは貯まりにくいです。

デルタ航空の利用が多いならデルタアメックスゴールドはおすすめですが、それ以外の航空会社の利用が多いなら、スカイトラベラーカードなどを検討しましょう。

スカイトラベラーカードなら、航空会社28社でポイント3倍になり、航空会社15社のマイルと交換できます。

 

 

デルタアメックスゴールドの口コミ・評判

ここまでデルタアメックスゴールドのメリットとデメリットを解説してきましたが、筆者1人だけの解説だと、どうしても主観が入ってしまいます。

そこで第三者からの客観的な意見を取り入れるために、口コミを部分的に掲載することにしました。情報ソースは価格.comです。

 

良い口コミ

デルタアメックスゴールドの良い口コミは以下のとおりです。

  • デルタスカイクラブのラウンジが無料で使える
  • ゴールドメダリオンが便利
  • 新規入会特典のボーナスマイルが多め
  • スカイマイルが貯まりやすい

デルタアメックスゴールドは、デルタ航空をよく利用する人には評判の良いカードです。

1年限定といえ、ゴールドメダリオンが無料で使えるのが大きいですね。これでデルタ航空の利用がとても快適になります。

そのうえ新規入会特典では4万マイル近く獲得でき、デルタ航空の航空券を購入すれば、マイル3倍ボーナスの適用されます。

スカイマイルを効率よく貯めたいなら、これ以上のマイルカードはないはずです。

 

悪い口コミ

デルタアメックスゴールドの悪い口コミは以下のとおりです。

  • デルタの利用が少ない人には年会費が高め
  • 日本の航空会社との連携は少ない

口コミを見た限りでは特に大きな不満はありません。

ただ年会費は3万円近くするので、デルタ航空をあまり使わない人がカードを発行しても、年会費の元取れないかもしれません。

それとデルタアメックスゴールドはデルタ航空の利用に特化しているため、ANAやJALなどの日本の航空会社との連携もよくありません。

日本の航空会社をよく利用するなら、別のマイル系クレジットカードを利用しましょう。

 

 

デルタアメックスゴールドとデルタアメックスの違いを表で比較

デルタアメックスは、デルタアメックスゴールドの基本カードです。

年会費が安い代わりに、得られるマイルが少なくなり、一部のサービスは使えなくなります。

違いがはっきりと理解できるよう、表にしてまとめました。

デルタアメックスゴールド デルタアメックス
年会費 26,000円(税抜き) 12,000円(税抜き)
家族カード年会費 1枚目無料、2枚目以降12,000円(税抜き) 1枚目無料、2枚目以降6,000円(税抜き)
ボーナスマイル 47,000マイル 39,500マイル
デルタ航空利用時のマイルボーナス 3倍 2倍
外貨建てで買い物した時のマイルボーナス 1.5倍 1.3倍
デルタ航空会員資格 ゴールドメダリオン シルバーメダリオン
海外旅行保険 利用付帯・自動付帯 利用付帯のみ
海外での日本語サポート オーバーシーズ・アシスト グローバル・ホットライン
キャンセル・プロテクション あり なし
エアポート送迎サービス あり なし

 

デルタアメックスゴールドの空港サービス

デルタアメックスゴールドが提供している空港サービスは以下の通りです。

  • 空港ラウンジ無料利用
  • 手荷物無料宅配サービス
  • エアポート送迎サービス
  • 空港パーキングの料金割引
  • 無料ポーターサービス(手荷物を運んでもらえる)
  • 空港クロークサービス(空港で手荷物を預けられる)

それぞれのサービスを順に解説します。

 

空港ラウンジ無料利用

アメックスカードを持っていると、国内外30空港の空港ラウンジを無料で利用できるようになります。同伴者も1名までなら無料です。

空港ラウンジを利用するときは、アメックスカードと搭乗券を提示しましょう。

利用できる空港ラウンジについては、アメックス公式の「空港ラウンジ」をご覧ください。

 

手荷物無料宅配サービス

手荷物無料宅配サービスは、海外からの帰国時にスーツケース1個を無料で自宅に配送してもらえるサービスです。

ただしこのサービスを利用できる空港は、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港の3空港のみです。

利用するときは前もって電話かウェブサイトで予約しておきましょう。

 

エアポート送迎サービス

エアポート送迎サービスは、特定の場所から空港までをチャーター車で送迎してもらえるサービスです。

アメックスカードを持っていると、このサービスを格安で利用できます。料金目安は5,000円から15,000円くらいですね。

ただし利用条件は、H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで国際線航空券、海外パッケージ・ツアーを購入している時のみです。

 

空港パーキングの料金割引

カードをもっていると、空港近くのパーキングエリアを割引料金で利用できます。

サービスの対象となるのは、成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、福岡空港の4空港です。

詳細はアメックスの「空港パーキング」のページをご覧ください。

 

無料ポーターサービス(手荷物を運んでもらえる)

ポーターサービスは、スタッフが旅行者の手荷物を運んでくれるサービスです。

アメックスカードをもっていると、このサービスを無料で利用できます。

ただし利用できる空港は、成田国際空港、関西国際空港の2空港だけです。

利用するときは、前もって電話で予約しておきましょう。

 

空港クロークサービス(空港で手荷物を預けられる)

クロークサービスは、空港に手荷物を預かってもらえるサービスです。空港での待ち時間に、買い物や食事を楽しむときに便利です。

アメックスカードを提示すれば、このクロークサービスを無料で利用できるようになります。預かってもらえる荷物の数は、カード会員1名につき2つまでです。

ただしこのサービスが使えるのは、中部国際空港のみです。

 

 

デルタアメックスゴールドの旅行先サービス

デルタアメックスゴールドでは、以下のトラベルサービスを利用できます。

  • オーバーシーズ・アシスト(海外で医療・法律の日本語サポート)
  • 海外用レンタル携帯電話の料金割引(レンタル料が半額、通話料が10%引き)
  • レンタカーの国内利用料金が5%割引
  • 京都観光ラウンジ
  • トラベル・サービス・ロケーション(旅行先の情報を取得できる)
  • カーシェアリング「タイムズ カー プラス」の発券手数料(1,550円)が無料に

では、それぞれのトラベルサービスを解説しますね。

 

オーバーシーズ・アシスト(海外で医療・法律の日本語サポート)

オーバーシーズ・アシストは、海外の旅行先でわからないことがあった時に日本語サポートを受けられるサービスです。

基本的にはアメックスの上位カードに付帯されています。

グローバル・ホットラインとの違いは、オーバーシーズ・アシストは医療・法律のサポートにも対応していることです。

24時間通話料が無料ですが、日本国内では利用できません。

 

海外用レンタル携帯電話の料金割引

アメックスカードを持っていると、海外用レンタル携帯電話の料金の割引を受けられます。具体的にはレンタル料が半額になり、通話料も10%引きになります。

ただしこのサービスが利用できるのは、成田国際空港、関西国際空港、羽田空港(国際線ターミナル)の3空港だけです。

 

レンタカーの国内利用料金が5%割引

アメックスカードを持っていると、国内利用時のレンタカー料金が5%オフになります。

割引対象となるのは以下の5社です。

  • オリックスレンタカー
  • トヨタレンタカー
  • 日産レンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • タイムズ カー レンタル

詳しくは公式の「レンタカーの国内利用」をご覧ください。

 

京都観光ラウンジ

アメックスカード会員限定で、京都特別観光ラウンジを利用できます。

サービス内容は以下のとおり。

  • 圓徳院書院・知客寮にてお茶のご接待(宇治茶、梅湯、昆布茶、香煎茶など日によって変わります)
  • 夏季期間中は、冷たい麦茶、冷やし飴などを用意
  • 圓徳院の拝観無料
  • 高台寺・掌美術館の拝観割引
  • 高台寺駐車場1時間無料サービス
  • ご同伴者3名様までご利用いただけます。

カード会員しか入場できないため、人混みに疲れた時の休憩にぴったりです。

 

トラベル・サービス・ロケーション(旅行先の情報を取得できる)

トラベル・サービス・ロケーションは、トラベラーズ・チェック(小切手)を現地通貨に換金できる施設を探すサービスです。

 

カーシェアリング「タイムズ カー プラス」の発券手数料(1,550円)が無料に

アメックスカードを持っていると、カーシェアリング「タイムズ カー プラス」の発券手数料1,550円(税込み)が無料になります。

ただし手数料を無料にするには、アメックスの専用サイトからアクセスし、支払いもアメックスカードにする必要があります。

 

 

デルタアメックスゴールドの旅行傷害保険

デルタアメックスゴールドの旅行傷害保険は下記の通りです。金額はデルタアメックスよりも高いですね。

  • 傷害死亡・後遺障害保険金:最高1億円
  • 傷害治療費用保険金:最高300万円
  • 疾病治療費用保険金:最高300万円
  • 賠償責任保険金:最高4,000万円
  • 携行品損害保険金:1旅行中最高50万円(年間100万円まで)
  • 救援者費用保険金:保険期間中最高400万円

それとデルタアメックスゴールドの保険には利用付帯と自動付帯があります。家族カードは自動付帯に対応していません。

ただ保険には例外が色々とつきものなので、こちらの会員規約で詳細を確認しましょう。

デルタアメックスゴールドの会員規約を読む(PDF)

では、ここからはそれぞれの保険内容を軽く解説します。

 

傷害死亡・後遺障害保険金:最高1億円

傷害死亡・後遺障害保険金は、旅行中の事故で死亡したとき、もしくは後遺症を患ったときに支払われる保険金です。

 

傷害治療費用保険金:最高300万円

傷害治療費用保険金は、海外旅行中の事故でケガをしたとき、その治療費に支払われる保険金です。

 

疾病治療費用保険金:最高300万円

疾病治療費用保険金は、海外旅行中に病気になったとき、その治療費に支払われる保険金です。

妊娠、歯の病気、旅行前に発症していた病気は、支払いの対象外となります。

 

賠償責任保険金:最高4,000万円

賠償責任保険金は、海外旅行にうっかり誤って他人をケガさせたり、他人のものを壊してしまったりしたときに支払われる保険金です。

 

携行品損害保険金:1旅行中最高50万円(年間100万円まで)

携行品損害保険金は、海外旅行中に貴重品を盗まれたり壊されたりした時に支払われる保険金です。

航空券やホテルの宿泊券、パスポート、カメラやスマートフォンなどが該当します。

 

救援者費用保険金:保険期間中最高400万円

海外旅行中に旅行者が遭難、入院、死亡した場合、ご家族や友人が現地の病院に駆けつけることになります。

その経済的な負担を肩代わりしてくれるのが、救援者費用保険金です。

 

 

デルタアメックスゴールドのカードプロテクション

デルタアメックスゴールドのカードプロテクションは以下の通りです。

  • 不正プロテクション(不正を通知、損害額はアメックスが負担)
  • カード紛失・盗難の場合の再発行
  • オンライン・プロテクション(不正利用されても損害額を補償)
  • ショッピング・プロテクション(商品の損害を補償、最大500万円、免責1万円)
  • リターン・プロテクション(アメックスが商品の返品を代行、年間15万円)
  • キャンセル・プロテクション(イベントのキャンセル費用を補償)
  • American Express SafeKey(Eメールによる2段階認証)

それぞれのプロテクション内容を解説します。

 

不正プロテクション(不正を通知、損害額はアメックスが負担)

カードが不正利用されると、すぐに利用者に警告し、新しいカードの発行などを促してくれます。

もちろん不正利用の損害額はアメックスが負担してくれます。利用者が泣き寝入りする心配もないですよ。

 

カード紛失・盗難の場合の再発行

カードを紛失したり、盗まれたりした場合は、アメックスに連絡することで、すぐに新しいカードを再発行してもらえます。

 

オンライン・プロテクション(不正利用されても損害額を補償)

オンライン・プロテクションは、インターネットでの不正利用の損害額を補償してもらえるサービスです。

これでインターネット・ショッピングも気軽に楽しめるようになりますね。

 

ショッピング・プロテクション(商品の損害を補償、最大500万円、免責1万円)

ショッピング・プロテクションは、商品の破損・盗難による損失を補償するサービスです。

カードで購入した商品が壊れたり盗まれたりした場合、購入日から90日間、年間500万円まで補償してもらえます。免責金額は1事故1万円。

 

リターン・プロテクション(アメックスが商品の返品を代行、年間15万円)

リターン・プロテクションは、アメックスが返品を代行してくれるサービスです。

お店が返品を受け付けてくれない時に利用します。

ただしこのサービスが利用できる条件は、商品は未使用で損傷がない状態であることです。

 

キャンセル・プロテクション(イベントのキャンセル費用を補償)

キャンセル・プロテクションは、ツアー、航空便、ホテルなどのキャンセル費用を補償してくれるサービスです。

他にもパーティや公演などのキャンセルでも適用されます。

補償の限度額は年間最高10万円。

 

American Express SafeKey(Eメールによる2段階認証)

American Express SafeKeyは、カードでオンラインショッピングをする時に本人認証を行うサービスです。

利用者のメールアドレスにワンタイムパスワードを送り、利用者がそれを入力画面に打ち込む2段階認証です。

そのためカードの情報を盗まれても、第三者の不正利用を未然に防げます。

 

 

デルタアメックスゴールドの娯楽サービス

デルタアメックスゴールドの娯楽サービスは以下のとおりです。

  • ダイニング・トレンド(レストラン検索サイト、レポート記事あり)
  • チケット・アクセス(チケットの先行予約、限定特典)
  • ゴールド・ワインクラブ(ソムリエによるワインのアドバイス)
  • コットン・クラブ(ライブ・レストランでの優待特典)
  • 新国立劇場(ドリンクサービス、チケット先行購入など)

それぞれの娯楽サービスを解説します。

 

ダイニング・トレンド(レストラン検索サイト、レポート記事あり)

ダイニング・トレンドは、アメックスとぐるなびが共同で作ったレストラン検索サイトです。

思わずレストランに行きたくなる「トレンド・レポート」なども発信しています。

 

チケット・アクセス(チケットの先行予約、限定特典)

チケット・アクセスでは、アメックスカード会員限定でチケットの先行予約ができます。

他にも会員向けに良席を確保できたり、ドリンクや食事などの特典も受けられます。

 

ゴールド・ワインクラブ(ソムリエによるワインのアドバイス)

ゴールド・ワインクラブは、季節のおすすめワインを購入できるサービスです。

ソムリエやバイヤーと相談して、予算に合わせたワインを買うこともできます。

さらに購入時の特典として、

  • ギフトボックス無料サービス
  • 10,000円(税抜)以上のご利用は送料無料サービス

なども利用できます。ワイン好き必見のサービスですね。

 

コットン・クラブ(ライブ・レストランでの優待特典)

コットン・クラブは、丸の内のエンターテインメントクラブです。

アメックスカードを保有していると、以下の特典を利用できます。

  • ウェルカム・ドリンク(毎週金曜日、カードの提示が必要)
  • コットン・クラブ特別席のポイント交換

 

新国立劇場(ドリンクサービス、チケット先行購入など)

新国立劇場は、オペラ、バレエ、現代舞踊、演劇などを公演している劇場です。

アメックスカードを持っていると、以下の特典を利用できます。

  • ドリンク券を進呈
  • カード会員さま専用の先行購入日
  • チケット郵送無料
  • オペラトーク無料

 

 

デルタアメックスゴールド家族カード

家族カードは基本カード会員のご家族が保有できるカードです。

配偶者や成人したお子さんに使わせることで、家庭の支出を一本化できます。

デルタアメックス家族カードを利用するメリットは以下の3つです。

  • 1枚目の家族カード年会費が無料
  • デルタ航空の利用でマイル3倍
  • トラベルサービスが付帯(手荷物無料宅配サービス、旅行傷害保険)
  • カードプロテクションが付帯(キャンセル・プロテクション、リターン・プロテクションあり)
  • オーバーシーズ・アシスト(海外で医療・法律の日本語サポート)

デルタアメックスゴールド家族カード

 

デルタアメックスゴールドの審査

デルタアメックスゴールドの審査は少し厳しく、おおまかな審査基準は以下の通りです。

  • 20歳以上
  • 定職についていること(パート・アルバイトは不可)
  • フルタイムの契約社員や派遣社員はOK
  • 年収の目安は300万円程度
  • 勤続年数の目安は3年以上

審査時間は3日から10日ほど、届くまでの日数は1週間ほどです。

 

デルタアメックスゴールドの改悪された点・改善された点

2018年6月26日に、デルタアメックスゴールドのサービスが一部改変されました。

改悪されたのは以下の2つです。

  • ゴールドメダリオンを維持する条件が、カード利用150万円以上に(以前は無条件だった)
  • カードご利用ボーナスの終了(100万円のカード利用につき5,000マイル)

改善されたのは以下の2つです。

  • 1枚目の家族カード年会費が無料に
  • 海外利用分のマイル還元率が1.25倍から1.5倍に

デルタアメックスゴールド家族カード

 

デルタアメックスゴールドの解約方法は電話のみ

デルタアメックスゴールドを解約する方法は電話のみです。インターネットでは解約手続きを行えません。

解約する時の電話番号は、デルタアメックスゴールドのカード裏面に記載されています。

もしくはアメックスの「お問い合わせ窓口」でも電話番号を確認できます。

 

解約時の注意点

解約時の注意点は以下のとおりです。

  • カードを解約してもスカイマイルは失われない
  • ゴールドメダリオンの資格は失われる

デルタアメックスゴールドはスカイマイル会員番号と紐付けします。

これによりデルタアメックスゴールドを利用することで、スカイマイルのアカウントにマイルが貯まります。

デルタアメックスゴールドを解約しても、スカイマイル会員は無効にならないので、スカイマイルは失われません。

ただしゴールドメダリオンの資格は別です。デルタアメックスゴールドを解約すると、シルバーメダリオン資格は失われます。

 

 

デルタアメックスゴールドの損益分岐点

デルタアメックスゴールドはマイルが貯まりやすいカードですが、年会費が高いのも確かです。

どれぐらいカードを利用すれば、年会費の元が取れるのかは気になるところでしょう。

ここからはデルタアメックスゴールドの損益分岐点を計算します。

 

1年目はボーナスマイルだけで元が取れる

デルタアメックスゴールドに入会すると、1年目は47,000マイルをボーナスマイルとしてもらえます。それに対して年会費は28,080円です。

得られるボーナスマイルが年会費を大きく上回っているため、1年目はボーナスマイルだけで年会費の元が取れます。

問題はボーナスマイルがもらえなくなる2年目以降です。

 

2年目以降の損益分岐点は83万6000円

2年目以降は継続利用特典として3,000マイルもらえます。年会費の28,080円を差し引いて、実質的な年会費は25,080円です。

そしてデルタ航空で航空券を購入する時に、デルタアメックスカードを使うことで、得られるマイルが3倍になります。言い換えると還元率が3%になるということです。

そして25,080円を3%で割ると、答えは836,000円です。つまりデルタ航空の利用が836,000円超えると、2年目以降もマイルで年会費の元が取れるということです。

 

 

デルタアメックスゴールドはこんな人におすすめ!

デルタアメックスゴールドカードはこんな人におすすめです。

  • 海外旅行・出張でデルタ航空をよく利用する人
  • 年間の旅費が83万円を超える人
  • スカイマイルを効率よく貯めたい人

デルタアメックスゴールドはデルタ航空をよく利用する人におすすめのカードです。

デルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」が貯まりやすいだけでなく、デルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン」まで付与されるからです。

デルタ航空の利用が多い人は、ぜひともデルタアメックスゴールドの発行を検討してみてください。

高コスパなアメックスカードランキング
アメックスゴールド
アメックスゴールド

ゴールドダイニングで、レストラン料金が実質半額に
プライオリティ・パスの年会費と利用料金2回分が無料に
1枚目の家族カード年会費が無料
医療保険は300万円
ボーナスポイントプログラムでポイント3倍

SPGアメックス
SPGアメックス

ホテル上級会員資格「ゴールドエリート」
年に1回の無料宿泊特典
5泊分の宿泊実績(プラチナエリートへのランクアップに近づく)
SPG系列の飲食店が料金15%オフ

アメックスグリーン
アメックスグリーン

プライオリティ・パスの年会費無料
ボーナスポイントプログラムでポイント3倍

アメックスカード
むれをフォローする
アメックス比較論

コメント

タイトルとURLをコピーしました