アメックスビジネスプラチナの航空便遅延費用

アメックスビジネスプラチナの航空便遅延費用

アメックスビジネスプラチナは航空便遅延費用補償にも対応しており、補償金額は以下のとおりです。

  • 乗継遅延費用:最高3万円
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用:最高3万円
  • 受託手荷物遅延:最高3万円
  • 受託手荷物紛失:最高6万円

では、それぞれの補償内容を軽く解説します。

目次へ / カードを入手する

 

乗継遅延費用:最高3万円

航空便の遅延で乗り継ぎに失敗した場合、宿泊料金と食事代を3万円まで補償してもらえます。

目次へ / カードを入手する

 

出航遅延、欠航、搭乗不能費用:最高3万円

搭乗する予定の航空便が4時間以上の遅延・欠航になり、4時間以内に替わりの便を見つけられなかった場合、食事代を3万円まで補償してもらえます。

目次へ / カードを入手する

 

受託手荷物遅延:最高3万円

到着して6時間以内に手荷物が目的地に運ばれなかった場合、現地で購入した生活用品を3万円まで補償してもらえます。

目次へ / カードを入手する

 

受託手荷物紛失:最高6万円

到着して48時間以内に手荷物が目的地に運ばれなかった場合、手荷物は紛失したものと見なされ、現地で購入した生活用品を6万円まで補償してもらえます。

目次へ / カードを入手する

 

まずはビジネスゴールドのインビテーションから!

アメックスビジネスプラチナを発行するには、アメックスビジネスゴールドでインビテーションを受ける必要があります。

そのためにもまずは、アメックスビジネスゴールドで利用実績を積みましょう。個人差はありますが、目安としては3ヶ月から1年ほどメインとして使えば十分です。

それでもインビテーションが来ないなら、カスタマーデスクにビジネスプラチナへのアップグレードを依頼しましょう。

ただしビジネスプラチナにすると、カードの番号が変わるのでご注意ください。

ビジネスゴールドについては、こちらの記事で詳しく書いています。

ビジネスゴールドの記事へ / ビジネスゴールドカード発行

 

アメックスビジネスプラチナのまとめ記事はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました