ANAアメックスゴールドの損益分岐点

ANAアメックスゴールドの損益分岐点

ANAアメックスゴールドはANAマイルが貯まりやすいカードですが、それでも他のクレジットカードと比べると年会費は高めです。

もしポイントだけで年会費の元を取るなら、どれぐらいカード利用すればいいのでしょうか?

ここからはANAアメックスゴールドの損益分岐点についてお話しします。ただ1年目だけはボーナスマイルがあるので、1年目と2年目以降は分けて考えます。

ANAアメックスゴールドの公式サイトを見る

 

1年目はボーナスマイル(60,000マイル)で元が取れる

ANAアメックスゴールドの年会費は33,480円です。

ANAアメックスゴールドに加入すると、1年目のボーナスマイルとして60,000マイルもらえます。

1マイル1円と計算して、6万円のキャッシュバックがあるとすれば、年会費のもとは十分に取れます。

したがってANAアメックスゴールドの1年目の損益分岐点は0円です。

ANAアメックスゴールドの公式サイトを見る

 

2年目の損益分岐点は162万円

2年目以降はキャンペーンによるボーナスマイルがなくなるので、損益分岐点はかなり高くなります。

ANAアメックスゴールドを継続利用すると継続利用ボーナスとして2,000マイルもらえるため、33,480円から実質1,000円分を差し引きます。その答えは32,480円です。

33480-1000=32480

ANAグループでANAアメックスゴールドを利用した時の還元率は2.0%です。32,480円を2.0%で割ると、答えは1,624,000円になります。

32480/2.0%=1624000

したがって、ANAアメックスゴールドの2年目の損益分岐点は162万円となります。

ANAアメックスゴールドの公式サイトを見る

 

ANAアメックスゴールドのまとめ記事はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました