アメックスプラチナのメリット・デメリット・評判・口コミを解説します!

アメックスプラチナは、アメックスプロパーカードの中でも最高峰のカードです。年会費は140,400円(税込み)。

年会費は税込み14万円と非常に高額ですが、

  • コンシェルジェサービス
  • 年に1回の無料宿泊特典
  • 世界中1,200の空港ラウンジが利用可能
  • プライオリティ・パスが使い放題
  • 1,000万円の医療保険

などのサービスを提供しています。

ただアメックスプラチナの提供しているサービスは数が多く、専門用語も多くて分かりにくいはずです。

そこでこの記事ではアメックスプラチナのメリット、デメリット、口コミ、評判、付帯サービスなどをわかりやすく解説することにしました。

記事はかなりの長文になりますので、目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

カード発行 / 目次へ

 

  1. アメックスプラチナの入手・発行方法
  2. アメックスプラチナのメリット
    1. メリット1、メンバーシップ・リワード・プラスが無料
    2. メリット2、コンシェルジュサービスで、旅行、ホテル、レストランの手配が楽に
    3. メリット3、フリー・ステイ・ギフトで、年に1回ホテルの宿泊が無料に
    4. メリット4、世界1,200の空港ラウンジが利用可能に
    5. メリット5、世界中のホテルで優待特典を受けられる
    6. メリット6、最高レベルの旅行傷害保険(医療保険が1,000万円)
    7. メリット7、プライオリティ・パス「プレステージ」会員の年会費が無料に
    8. メリットまとめ
  3. アメックスプラチナのデメリット
    1. デメリット1、年会費が高い(税込み140,400円)
    2. デメリット2、カード発行にはインビテーションが必要
    3. デメリット3、ステータスは以前ほど高くない
    4. デメリットまとめ
  4. アメックスプラチナの口コミ・評判
    1. 良い口コミ
    2. 悪い口コミ
  5. 他のカードと比較
    1. アメックスグリーンと比較
    2. アメックスゴールドと比較
    3. アメックスビジネスプラチナと比較
  6. アメックスプラチナのオリジナル特典
    1. プラチナ・コンシェルジュ・デスク
    2. メンバーシップ・リワード・プラス
    3. ホテル・メンバーシップ
    4. フリー・ステイ・ギフト(無料宿泊特典)
    5. アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
    6. ファイン・ホテル・アンド・リゾート
    7. 2 for 1 ダイニング by招待日和
    8. プライオリティ・パス「プレステージ」会員が無料に
    9. メタル製プラチナ・カード
  7. アメックスプラチナの旅行傷害保険(利用付帯の場合)
    1. 傷害死亡・後遺障害保険金(海外旅行):最高1億円
    2. 傷害治療費用保険金:最高1,000万円
    3. 疾病治療費用保険金:最高1,000万円
    4. 賠償責任保険金:最高5,000万円
    5. 携行品損害保険金:1旅行中 100万円
    6. 救援者費用保険金:保険期間中最高1,000万円
  8. アメックスプラチナの航空便遅延費用補償
    1. 乗継遅延費用:最高3万円
    2. 出航遅延、欠航、搭乗不能費用:最高3万円
    3. 受託手荷物遅延:最高3万円
    4. 受託手荷物紛失:最高6万円
  9. アメックスプラチナのカードプロテクション
    1. オンライン・プロテクション
    2. ショッピング・プロテクション
    3. リターン・プロテクション
    4. キャンセル・プロテクション
    5. ワランティー・プラス
    6. ホームウェア・プロテクション
    7. ゴルフ保険
    8. テニス保険
    9. スキー保険
  10. アメックスプラチナの個人賠償責任保険(最高1億円)
  11. プラチナ・カード・アシストについて
    1. 海外緊急支援サービス
    2. お忘れ物探索サービス
    3. 海外商品探索・購入サービス/パーソナル・インポート・サービス
    4. ファイン・ダイニング
    5. 海外情報サービス
  12. アメックスプラチナの家族カード(4枚まで無料)
  13. アメックスプラチナのETCカード
  14. アメックスプラチナの審査
  15. アメックスプラチナの解約・退会方法
  16. アメックスプラチナはこんな人におすすめ!
  17. まずはアメックスゴールドのインビテーションから!
  18. アメックスカードを比較するなら、アメックス比較論!(簡易サイトマップあり)

アメックスプラチナの入手・発行方法

メリット・デメリットの前に、まずはアメックスプラチナの入手方法から話しておきます。

アメックスプラチナは、いきなり申し込むことはできません。

まずアメックスゴールドを発行して、ある程度の利用実績が認められてから、インビテーションが届くことになっています。

だからアメックスプラチナを発行したいなら、まずはアメックスゴールドを発行し、それを使い込むことから始めましょう。

数ヶ月ほど使い込んでからヘルプデスクに依頼をすれば、アメックスプラチナを発行できるか審査してもらえます。

最近は「アメックスプラチナの発行ハードルは低い」とのうわさもあるので、支払いの遅延などがなければ、発行してもらえる可能性は高いです。

アメックスプラチナが欲しいなら、まずはアメックスゴールドを発行しましょう。

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナのメリット

アメックスプラチナの主なメリットは以下のとおりです。

  • メンバーシップ・リワード・プラスが無料
  • コンシェルジュサービスで、旅行、ホテル、レストランの手配が楽に
  • フリーステイギフトで、年に1回ホテルの宿泊が無料に
  • 世界1,200の空港ラウンジが利用可能に
  • 世界中のホテルで優待特典を受けられる
  • 最高レベルの旅行傷害保険(医療保険が1,000万円)
  • プライオリティ・パス「プレステージ」会員の年会費が無料に

では、それぞれのメリットを解説しましょう。

カード発行 / 目次へ

 

メリット1、メンバーシップ・リワード・プラスが無料

アメックスプラチナを発行すると、年会費無料で「メンバーシップ・リワード・プラス」が自動付帯されます。

アメックスグリーンアメックスゴールドだと年会費が3,240円(税込み)発生していたので、この違いは大きいですね。

ちなみにメンバーシップ・リワード・プラスは、アメックスのポイントをお得に貯められるサービスです。メリットは以下の通り。

  • ポイントが無期限
  • マイルの移行レートがアップ
  • ポイントの交換レートがアップ
  • 対象サービスでポイント3倍になる「ボーナスポイントプログラム」が利用可能に

アメックスのポイントをたくさん貯めて、お得に利用したいなら、メンバーシップ・リワード・プラスを積極的に活用しましょう。

カード発行 / 目次へ

 

メリット2、コンシェルジュサービスで、旅行、ホテル、レストランの手配が楽に

アメックスプラチナの1番の強みは、コンシェルジュサービスです。

アメックスプラチナのコンシェルジュサービスでは、あなたの代わりにホテルやレストラン、航空便などの手配を行ってくれます。

特に仕事で忙しくて疲れていると、あれこれ手配する余力がなくなるはず。そんなときコンシェルジュサービスがあれば、ホテルや航空便の手配がスムーズになるはずです。

仕事が忙しく、なおかつ秘書を雇うだけの余裕がない場合、こうしたコンシェルジュサービスを使うと生活の効率性がアップします。

カード発行 / 目次へ

 

メリット3、フリー・ステイ・ギフトで、年に1回ホテルの宿泊が無料に

アメックスプラチナを保有していると、1年に1回「フリー・ステイ・ギフト」が付与されます。

フリー・ステイ・ギフトは、対象のホテルに無料で宿泊できるサービスです。

注意点は以下のとおり。

  • 1泊2日食事なしのプランのみ(2名まで)
  • 行楽シーズンは除外日が多いため、ほぼ使えない
  • お部屋のアップグレードは有料
  • サービスの利用にはアメックスプラチナの提示が必要

ただ最近はサービスが縮小傾向にあり、利用できるホテルはかなり限られています。

▷ 対象ホテル一覧(PDF)

カード発行 / 目次へ

 

メリット4、世界1,200の空港ラウンジが利用可能に

アメックスプラチナを持っていると、世界1,200カ所の空港ラウンジが利用できるようになります。

サービス名は「アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション」。リンク先でラウンジを検索できます。

利用できるラウンジ・プログラムは以下の7つです。

  • センチュリオン・ラウンジ
  • インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
  • プライオリティ・パス(使い放題のプレステージ会員)
  • デルタ・スカイクラブ
  • エスケープ・ラウンジUS
  • エアスペース
  • プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ

フライト前に時間を潰すのにぴったりですね。

ラウンジ内で仮眠をとったり、仕事を片付けたりもできます。

カード発行 / 目次へ

 

メリット5、世界中のホテルで優待特典を受けられる

アメックスプラチナを持っていると、対象のホテルで優待特典を受けられます。

具体的な特典内容は以下の通り。

  • 12時からのアーリー・チェックイン
  • お部屋のアップグレード
  • 2名までの朝食サービス
  • 16時までのレイト・チェックアウト
  • Wi-Fiの利用が無料に
  • 宿泊料金の割引

こちらのサービス名は「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」。

リンク先で対象ホテルを検索できます。

カード発行 / 目次へ

 

メリット6、最高レベルの旅行傷害保険(医療保険が1,000万円)

アメックスプラチナは旅行傷害保険も国内最高レベルです。

例えば医療保険なら最高1,000万円まで補償されます。

これだけ保険金が高額なら、アメリカで大きな手術を受けることになっても、医療費を全て賄うことができそうです。

ちなみに同じプロパーカードのアメックスグリーンは医療保険100万円、アメックスゴールドは医療保険300万円です。

1,000万円の医療保険がいかに高額であるかがわかりますね。

カード発行 / 目次へ

 

メリット7、プライオリティ・パス「プレステージ」会員の年会費が無料に

またアメックスプラチナを保有していると、プライオリティ・パスのプレステージ会員の年会費が無料になります。

プライオリティ・パスは、海外の空港ラウンジが利用できるようになるサービスです。

コースは以下の3つ。

  • スタンダード(年会費99ドル):利用料金32ドル
  • スタンダード・プラス(年会費299ドル):利用料金が10回まで無料
  • プレステージ(年会費429ドル):利用料金が無制限に無料

最高クラスのプレステージ会員だと、海外の空港ラウンジが使い放題になります。

そしてプレステージの年会費は4万円相当と高いですが、アメックスプラチナを持っていれば、その年会費が無料になるわけですね。

カード発行 / 目次へ

 

メリットまとめ

アメックスプラチナのメリットをおさらいします。

  • メンバーシップ・リワード・プラスが無料
  • コンシェルジュサービスで、旅行、ホテル、レストランの手配が楽に
  • フリーステイギフトで、年に1回ホテルの宿泊が無料に
  • 世界1,200の空港ラウンジが利用可能に
  • 世界中のホテルで優待特典を受けられる
  • 最高レベルの旅行傷害保険(医療保険が1,000万円)
  • プライオリティ・パス「プレステージ」会員の年会費が無料に

年会費は14万円と高いですが、受けられるサービスはトップクラスです。

では、次はアメックスプラチナのデメリットに移ります。

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナのデメリット

アメックスプラチナのデメリットは以下のとおりです。

  • 年会費が高い(税込み140,400円)
  • カード発行にはインビテーションが必要
  • ステータスは以前ほど高くない

では、それぞれのデメリットを解説しましょう。

カード発行 / 目次へ

 

デメリット1、年会費が高い(税込み140,400円)

アメックスプラチナの最大のデメリットは、年会費が税込み14万円と非常に高いことです。

そのため航空便やホテル、高級レストランなどをよく利用する人でないと、年会費の元を取れません。旅行や出張をあまりしない人だと相性が悪いのです。

カードの年会費をもっと安く抑えたいなら、年会費1万3,000円のアメックスグリーンを選びましょう。

航空便やホテルを年に2、3回利用するだけなら、それで十分です。

カード発行 / 目次へ

 

デメリット2、カード発行にはインビテーションが必要

アメックスプラチナは、いきなり申し込んでも発行できません。

カードを発行してもらうには、アメックスからインビテーションを受ける必要があります。

インビテーションを受けるためのいちばん現実的な方法は、アメックスゴールドで利用実績をつむことです。

3ヶ月から1年程度アメックスゴールドを使い込んで利用実績を作れば、プラチナのインビテーションを受けられる確率がグッとあがります。

したがってアメックスプラチナを発行したいなら、まずはアメックスゴールドを発行しましょう。

カード発行 / 目次へ

 

デメリット3、ステータスは以前ほど高くない

アメックスプラチナはインビテーションが必要なため、利用者の少ないステータスカードとして知られていました。

高級感のあるデザインも含めて、ステータスをアピールするのにもってこいの道具だったでしょう。

ただ最近はアメックスプラチナを発行するハードルが下がっており、以前ほどのステータスはありません。

少なくとも誰かに自慢するためだけにアメックスプラチナを発行するのは、割りに合わないです。

アメックスプラチナを発行する場合は、年会費14万円の元が取れるかじっくり考えてからにしましょう。

カード発行 / 目次へ

 

デメリットまとめ

アメックスプラチナのデメリットのおさらいです。

  • 年会費が高い(税込み140,400円)
  • カード発行にはインビテーションが必要
  • ステータスは以前ほど高くない

次はアメックスプラチナの口コミに移ります。

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナの口コミ・評判

ここまでアメックスプラチナのメリットとデメリットを解説してきました。

ただこのサイトも商品の広告を掲載している以上、どうしても商品をほめる方向に偏りがちです。

そこでここからは第三者の意見を取り入れるべく、口コミを掲載することにしました。情報のソースはクレファンです。

カード発行 / 目次へ

 

良い口コミ

アメックスプラチナの良い口コミは以下のとおりです。スペースの都合上、口コミは簡略化しています。

  • コンシェルジュが深夜でもつながる(メールにも対応)
  • 保険の安心感が強い
  • ポイント制度が優秀(無期限、還元率3%、マイル移行先が多い)
  • プライオリティ・パスが便利(プレステージ会員で使い放題)

アメックスプラチナでいちばん評判が良いのは、やはりコンシェルジュサービスです。

深夜でも日本語でのサービスに対応しているため、急な航空便やホテルの手配にも柔軟に対応できます。

後は旅行傷害保険がアメックスカードの中でもトップクラスです。そのため海外旅行中に大きな手術を受けることになっても、金銭的なリスクをかなり抑えられます。

カード発行 / 目次へ

 

悪い口コミ

アメックスプラチナの悪い口コミは以下の通り。こちらも簡略化しています。

  • 年会費が高く、アメックスゴールドよりコスパが悪い
  • 国内線の航空便遅延保険が付帯していない
  • フリー・ステイ・ギフトの除外日が多くて使いにくい
  • 最近は発行のハードルが低く、ステータスはそんなに高くない

アメックスプラチナの評判の悪いところは、年会費が高いことです。

年会費が14万円もするため、ホテルや空港ラウンジの特典サービスをかなり利用しないと元が取れません。

あと特典の1つであるフリー・ステイ・ギフトは、行楽シーズンや年末年始にはほとんど使えません。

だから会社勤めでなかなか休みが取れない人には相性の悪いサービスです。

カード発行 / 目次へ

 

他のカードと比較

ここからはアメックスプラチナと他のアメックスカードを比較します。

比較するのはアメックスグリーンアメックスゴールドアメックスビジネスプラチナです。

カード発行 / 目次へ

 

アメックスグリーンと比較

アメックスグリーンはアメックスの基本的なプロパーカードで、年会費が1万3,000円と安いのが特徴です。

ただしプライオリティ・パスが無料になるのは年会費のみで、医療保険も最高100万円までです。

アメックスグリーン アメックスプラチナ
年会費 12,960円(税込み) 140,400円(税込み)
家族カード年会費 6,480円(税込み) 4枚まで無料
プライオリティ・パス 年会費のみ無料 無制限に使える
医療保険 100万円 1,000万円

カード発行 / 目次へ

 

アメックスゴールドと比較

アメックスゴールドは、アメックスグリーンの上位カードです。

年会費は3万円とアメックスグリーンの3倍ほどですが、プライオリティ・パスや旅行傷害保険などがパワーアップしています。

アメックスゴールド アメックスプラチナ
年会費 31,320円(税込み) 140,400円(税込み)
家族カード年会費 1枚目無料、2枚目以降12,960円 4枚まで無料
プライオリティ・パス 年会費、2回利用無料 無制限に使える
医療保険 300万円 1,000万円

カード発行 / 目次へ

 

アメックスビジネスプラチナと比較

アメックスビジネスプラチナは、アメックスプラチナのビジネスカードです。

フリーランスや個人事業主、経営者などが保有できます。

ビジネスプラチナもアメックスプラチナも、基本的な性能に大きな違いはありません。

ただホテル優待やラウンジ特典などは、アメックスプラチナのほうが上です。

ビジネスプラチナ アメックスプラチナ
年会費 140,400円(税込み) 140,400円(税込み)
家族カード年会費 追加カード4枚まで無料 4枚まで無料
プライオリティ・パス 無制限に使える 無制限に使える
医療保険 1,000万円 1,000万円

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナのオリジナル特典

アメックスプラチナのオリジナル特典は以下のとおり。

  • プラチナ・コンシェルジェ・デスク
  • メンバーシップ・リワード・プラス
  • ホテル・メンバーシップ
  • フリー・ステイ・ギフト
  • アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
  • ファイン・ホテル・アンド・リゾート
  • 2 for 1 ダイニング by招待日和
  • プライオリティ・パス「プレステージ」会員が無料に
  • メタル製プラチナ・カード

横文字ばかりでわかりにくいので、それぞれのサービスをわかりやすく解説します。

カード発行 / 目次へ

 

プラチナ・コンシェルジュ・デスク

プラチナ・コンシェルジュ・デスクは、ホテル、航空便、レストランなどの手配するサービスです。

24時間365日いつでも電話がつながるため、深夜に仕事で疲れた時などに重宝するでしょう。

最近は電話だけでなくメールにも対応しており、ホテルやレストランのリストなどをメールで送ってもらうことも可能です。

カード発行 / 目次へ

 

メンバーシップ・リワード・プラス

メンバーシップ・リワード・プラスは、アメックスのポイントをお得に貯められるサービスです。

アメックスプラチナにはこのサービスが自動付帯されており、無料で加入できます。

具体的なメリットは以下のとおり。

  • ポイントが無期限に
  • マイルの移行レートがアップ
  • ポイントの交換レートがアップ
  • 対象サービスでポイント3倍になる「ボーナスポイントプログラム」が利用可能に

ボーナスポイントプログラムは、対象サービスの利用で獲得ポイントが3倍になるサービスです。

対象サービスは以下のとおり。

  • Yahoo! JAPAN
  • iTunes Store/App Store
  • JAL公式ウェブサイトにてオンラインでご購⼊の商品
  • H.I.S.の公式ウェブサイトにてオンラインでご購⼊の商品
  • アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン
  • Amazonでのショッピング

これに加えてアメックスプラチナでは、海外で外貨建てでカード利用することでも獲得ポイントが3倍になります。(詳しくはこちら

アメックスプラチナでポイントを効率よく貯めたいなら、「メンバーシップ・リワード・プラス」と「ボーナスポイントプログラム」をフル活用しましょう。

カード発行 / 目次へ

 

ホテル・メンバーシップ

ホテル・メンバーシップは、無条件で有名ホテルの上級会員になれるサービスです。

ホテルの上級会員になることで、

  • マイルボーナス
  • 朝食サービス
  • Wi-Fi無料利用

などの特典を享受できます。

アメックスプラチナで付与される上級資格は以下の4つ。

これらの資格があれば、高級ホテルの滞在がより快適になるはずです。

カード発行 / 目次へ

 

フリー・ステイ・ギフト(無料宿泊特典)

フリー・ステイ・ギフトは、1年に1回対象ホテルを無料で宿泊できるサービスです。

無料で利用できるのはありがたいことですが、対象ホテルはかなり限られています。詳しくは対象ホテル一覧(PDF)をご確認ください。

注意点は以下の通り。

  • 1泊2日食事なしのプランのみ(2名まで)
  • 行楽シーズンは除外日が多く、使い勝手が良くない
  • お部屋のアップグレードは有料
  • サービスの利用にはアメックスプラチナの提示が必要

特に行楽シーズンのほとんどは除外日となるため使い物にならず、会社勤めのサラリーマンには相性の悪いサービスです。

カード発行 / 目次へ

 

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクションは、世界中の1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるサービスです。

利用できるラウンジ・プログラムは以下の7つ。

  • センチュリオン・ラウンジ
  • インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
  • プライオリティ・パス(使い放題のプレステージ会員)
  • デルタ・スカイクラブ
  • エスケープ・ラウンジUS
  • エアスペース
  • プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ

フライト前は時間が余っていることが多いので、空港ラウンジは時間をつぶすのにうってつけです。

カード発行 / 目次へ

 

ファイン・ホテル・アンド・リゾート

ファイン・ホテル・アンド・リゾートは、高級ホテルで優待特典を受けられるサービスです。

具体的な特典内容は以下のとおり。

  • 12時からのアーリー・チェックイン
  • お部屋のアップグレード
  • 2名までの朝食サービス
  • 16時までのレイト・チェックアウト
  • Wi-Fiの利用が無料に
  • 宿泊料金の割引
  • ホテルのオリジナル特典

これらの特典があれば、ホテルの滞在はより快適になるでしょう。

カード発行 / 目次へ

 

2 for 1 ダイニング by招待日和

2 for 1 ダイニング by招待日和は、レストラン2名分の料金のうち1名分が無料になるサービスです。

ただしこのサービスを利用するには、プラチナカードのサイトから予約する必要があります。

そして1名無料の優待を受けられるのは、それぞれのレストランで半年に1回です。お得に利用するなら、食事ごとにレストランをコロコロと変更しましょう。

カード発行 / 目次へ

 

プライオリティ・パス「プレステージ」会員が無料に

アメックスプラチナを保有していると、プライオリティ・パス「プレステージ会員」の年会費が無料になります。

プライオリティ・パスは、海外の空港ラウンジが利用できるサービスです。

コースは以下の3つ。

  • スタンダード(年会費99ドル):利用料金32ドル
  • スタンダード・プラス(年会費299ドル):利用料金が10回まで無料
  • プレステージ(年会費429ドル):利用料金が無制限に無料

最高クラスのプレステージだと、プライオリティ・パスの空港ラウンジが使い放題になります。

そしてアメックスプラチナを持っていれば、プレステージの年会費4万円相当が無料になるわけですね。

カード発行 / 目次へ

 

メタル製プラチナ・カード

アメックスプラチナはメタル製のプラチナカードを採用しています。

高級感のあるデザインですが、ずっしりと重たく、少し扱いにくいです。

ちなみに普通のクレジットカードの重さが5gなのに対し、このメタルカードは17gです。3倍以上重たくなれば、使い勝手もだいぶ異なるでしょう。

それでも金属のずっしりとした重みは、間違いなく我々の所有欲を満たしてくれます。

高級感のあるデザインに酔いしれたいなら、アメックスプラチナを検討してみましょう。

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナの旅行傷害保険(利用付帯の場合)

アメックスプラチナの旅行傷害保険は以下のとおり。

  • 傷害死亡・後遺障害保険金(海外旅行):最高1億円
  • 傷害治療費用保険金:最高1,000万円
  • 疾病治療費用保険金:最高1,000万円
  • 賠償責任保険金:最高5,000万円
  • 携行品損害保険金:1旅行中 100万円
  • 救援者費用保険金:保険期間中最高1,000万円

保険の詳細については「アメックスプラチナの規約集」をご覧ください。

ここでは保険の概要をわかりやすく解説します。

カード発行 / 目次へ

 

傷害死亡・後遺障害保険金(海外旅行):最高1億円

傷害死亡・後遺障害保険金は、旅行中の事故で死亡したとき、もしくは後遺症を患ったときに支払われる保険金です。

カード発行 / 目次へ

 

傷害治療費用保険金:最高1,000万円

傷害治療費用保険金は、海外旅行中の事故でケガをしたとき、その治療費に支払われる保険金です。

カード発行 / 目次へ

 

疾病治療費用保険金:最高1,000万円

疾病治療費用保険金は、海外旅行中に病気になったとき、その治療費に支払われる保険金です。

妊娠、歯の病気、旅行前に発症していた病気は、支払いの対象外となります。

カード発行 / 目次へ

 

賠償責任保険金:最高5,000万円

賠償責任保険金は、海外旅行中にうっかり誤って他人をケガさせたり、他人のものを壊してしまったりしたときに支払われる保険金です。

カード発行 / 目次へ

 

携行品損害保険金:1旅行中 100万円

携行品損害保険金は、海外旅行中に貴重品を盗まれたり壊されたりした時に支払われる保険金です。

貴重品は、航空券、ホテル宿泊券、パスポート、カメラ、スマートフォンなどが該当します。

カード発行 / 目次へ

 

救援者費用保険金:保険期間中最高1,000万円

海外旅行中に旅行者が遭難、入院、死亡した場合、ご家族や友人が現地の病院に駆けつけることになります。

その経済的な負担を肩代わりしてくれるのが、救援者費用保険金です。

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナの航空便遅延費用補償

アメックスプラチナの遅延補償は以下のとおり。

  • 乗継遅延費用:最高3万円
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用:最高3万円
  • 受託手荷物遅延:最高3万円
  • 受託手荷物紛失:最高6万円

他のアメックスカードよりも補償金額が1.5倍多いのが特徴です。

遅延補償の詳細はアメックスプラチナの規約集(PDF)をご覧ください。

ここではそれぞれの補償内容を軽く解説します。

カード発行 / 目次へ

 

乗継遅延費用:最高3万円

航空便の遅延で乗り継ぎに失敗した場合、宿泊料金と食事代を3万円まで補償してもらえます。

カード発行 / 目次へ

 

出航遅延、欠航、搭乗不能費用:最高3万円

搭乗する予定の航空便が4時間以上の遅延・欠航になり、4時間以内に替わりの便を見つけられなかった場合、食事代を3万円まで補償してもらえます。

カード発行 / 目次へ

 

受託手荷物遅延:最高3万円

到着して6時間以内に手荷物が目的地に運ばれなかった場合、現地で購入した生活用品を3万円まで補償してもらえます。

カード発行 / 目次へ

 

受託手荷物紛失:最高6万円

到着して48時間以内に手荷物が目的地に運ばれなかった場合、手荷物は紛失したものと見なされ、現地で購入した生活用品を6万円まで補償してもらえます。

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナのカードプロテクション

アメックスプラチナのプロテクション・保険は以下のとおり。

  • オンライン・プロテクション
  • ショッピング・プロテクション
  • リターン・プロテクション
  • キャンセル・プロテクション
  • ワランティー・プラス
  • ホームウェア・プロテクション
  • ゴルフ保険
  • テニス保険
  • スキー保険

保険の種類が他のアメックスカードよりずっと多いですね。

プロテクション・保険の詳細は「アメックスプラチナの規定集(PDF)」で確認できます。

ここではそれぞれの保険の内容をわかりやすく解説します。

カード発行 / 目次へ

 

オンライン・プロテクション

オンライン・プロテクションでは、インターネット上でカードを不正利用されても、その損害額をアメックスが肩代わりしてくれます。

これでインターネット・ショッピングも気軽に楽しめるようになりますね。

カード発行 / 目次へ

 

ショッピング・プロテクション

アメックスカードで購入した商品が壊れたり盗まれたりした場合、購入日から90日間、年間500万円まで補償してもらえます。

免責金額は1事故1万円。

カード発行 / 目次へ

 

リターン・プロテクション

リターン・プロテクションは、アメックスが返品を代行してくれるサービスです。

お店が返品を受け付けてくれない時に利用します。

ただしこのサービスを利用するには、「商品が未使用で損傷がないこと」が条件となります。

カード発行 / 目次へ

 

キャンセル・プロテクション

キャンセル・プロテクションは、ツアー、航空便、ホテルなどのキャンセル費用を補償してくれるサービスです。

他にもパーティや公演などのキャンセルでも適用されます。

補償の限度額は年間最高50万円。カード会員の配偶者やお子さんの場合は15万円です。

カード発行 / 目次へ

 

ワランティー・プラス

ワランティー・プラスは、購入した商品の保証期間を2年間延長し、故障した場合の修理費用を補償するサービスです。

保証限度額は、ホームウェア・プロテクションと合わせて1年間50万円です。

カード発行 / 目次へ

 

ホームウェア・プロテクション

ホームウェア・プロテクションは、プラチナカード会員が持っている商品が火災、盗難、水漏れ、破損などの被害にあった場合、その損害を補償するサービスです。

保証限度額はワランティー・プラスと合わせて1年間50万円です。

カード発行 / 目次へ

 

ゴルフ保険

ゴルフ保険は、ゴルフプレー中に損害を受けた時、補償を受けられるサービスです。

傷害補償は以下の4つ。

  • 死亡保険金:1,000万円
  • 後遺障害保険金:最高1,000万円
  • 入院保険金:日額1万5千円
  • 通院保険金:日額1万円

それ以外の保険は以下の3つです。

  • 用品損害保険金:年間10万円
  • ホールインワン・アルバトロス費用保険金:支払い限度30万円
  • 第三者賠償保険金:支払い限度50万円

この中のホールインワン・アルバトロス費用保険金は、ゴルフプレーのお祝い金です。

カード発行 / 目次へ

 

テニス保険

テニス保険は、テニスのプレー中に損害を受けたとき、その補償を受けられるサービスです。

傷害補償は以下の4つ。

  • 死亡保険金:250万円
  • 後遺障害保険金:最高250万円
  • 入院保険金:日額3,750円
  • 通院保険金:日額2,500万円

それ以外の保険は以下の2つです。

  • 用品損害保険金:年間10万円
  • 第三者賠償保険金:支払い限度50万円

カード発行 / 目次へ

 

スキー保険

スキー保険は、スキーのプレー中に損害を受けたとき、その補償を受けられるサービスです。

傷害補償は以下の4つ。

  • 死亡保険金:500万円
  • 後遺障害保険金:最高500万円
  • 入院保険金:日額5,000円
  • 通院保険金:日額2,500円

それ以外の保険は以下の2つです。

  • 用品損害保険金:年間10万円
  • 第三者賠償保険金:支払い限度50万円

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナの個人賠償責任保険(最高1億円)

個人賠償責任保険は、日常生活で生じた賠償責任に対し、保険金を支払うサービスです。

旅行傷害保険とは異なり、旅行中以外のトラブルでも適用されます。

被保険者にはカード会員のお子さんも含めるため、お子さんが誤ってご近所のものを壊してしまった場合などにも適用できます。

保険金額は1事故につき最高1億円なので、日常生活のトラブルならほとんどカバーできます。

保険が適用される条件などは、「アメックスプラチナの規定集(PDF)」をご覧ください。

カード発行 / 目次へ

 

プラチナ・カード・アシストについて

プラチナ・カード・アシストは、プラチナカード会員の海外旅行を支援するサービスです。

提供しているサービスは以下のとおり。

  • 海外緊急支援サービス
  • お忘れ物探索サービス
  • 海外商品探索・購入サービス/パーソナル・インポート・サービス
  • ファイン・ダイニング
  • 海外情報サービス

詳細はアメックスプラチナ規定集(PDF)で確認できます。

ここではそれぞれのサービス内容を軽く解説します。

カード発行 / 目次へ

 

海外緊急支援サービス

海外緊急支援サービスは、プラチナカード会員が病気やトラブルの時に支援を受けられるサービスです。

サービスは医療・法律関連がメインで、オーバーシーズ・アシストの強化版とも言えます。

具体的なサービスは以下の通り。

  • 医師や医療チームの派遣サービス
  • 日本の医療機関への輸送サービス
  • 医療モニター・サービス
  • 医療費の資金援助
  • トラブル時の弁護士紹介
  • 入院時にご家族に連絡
  • カード会員が死亡した場合、遺体を日本へ
  • パスポート・ビザの再発行支援
  • 病院の手配・予約

これだけサポートが充実していれば、海外旅行中に何かあっても安心です。

カード発行 / 目次へ

 

お忘れ物探索サービス

お忘れ物探索サービスは、海外旅行中の忘れ物をアメックスが探索して、カード会員に届けてくれるサービスです。

ただし忘れ物の探索費用・配送料などは、カード会員がカードで支払うことになります。

カード発行 / 目次へ

 

海外商品探索・購入サービス/パーソナル・インポート・サービス

海外でしか購入できない商品をアメックスが代わりに購入してくれるサービスです。

ただし対象商品を扱っているお店の住所、店名、商品名などは、自分で調べてアメックスに伝える必要があります。

それと決済手段はアメックスプラチナに限られます。

カード発行 / 目次へ

 

ファイン・ダイニング

ファイン・ダイニングは、対象のレストランで特典を受けられるサービスです。

対象レストランでは予約の確保ができ、満席で予約ができなかった場合でも、同等のレストランを手配してもらえます。

キャンセル料金は1回60ドルです。

カード発行 / 目次へ

 

海外情報サービス

海外情報サービスは、アメックスプラチナカード会員が使える情報サービスです。

提供されるサービスの代表例は以下のとおり。

  • ケガ・病気の時の医者の手配
  • トラブル時の弁護士の手配
  • パスポート、ビザ、予防接種などの情報提供
  • レストラン・フライト・ホテルの手配など

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナの家族カード(4枚まで無料)

アメックスプラチナでは家族カードを4枚まで無料で発行できます。

さらに家族カード会員でも1,000万円の医療保険が付帯されるため、アメリカなどで大きな手術を受けることになっても安心です。

ただし基本カード会員がアメックスプラチナで旅行代金を決済していることが条件となります。

そして家族カード会員でもアメックスプラチナのコンシェルジュサービスが利用できます。

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナのETCカード

アメックスプラチナでもETCカードを発行できます。

個人向けのETCカードの場合は、年会費が無料で、発行手数料が850円(税抜き)発生します。

詳しくはアメックス公式の「ETCカードのご案内」をご覧ください。

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナの審査

アメックスプラチナの審査は、以前と比べてハードルが低くなっています。

アメックスゴールドを1年ほど使ってからヘルプデスクに申し込みをすれば、高い確率でアメックスプラチナを発行できます。

ただし支払いの遅延だけは絶対に避けましょう。アメックスからの信用失うことになり、プラチナを発行できる確率が大きく下がります。

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナの解約・退会方法

アメックスプラチナの解約は電話で行います。ヘルプデスクで解約の意図を伝えればそれでOKです。

その後はアメックスから返却用の封筒が送られてきます。

ハサミを入れたアメックスプラチナをその中に入れて、アメックスに返送すれば、解約手続きは全て完了します。

アメックスプラチナを解約した後は、アメックスグリーンアメックスゴールドに切り替えることも可能です。

年会費14万円が重すぎると感じたら、検討してみましょう。

カード発行 / 目次へ

 

アメックスプラチナはこんな人におすすめ!

アメックスプラチナは年会費が14万円と高額ではあるものの、高級ホテルや空港ラウンジにて破格の待遇を受けられます。

さらにアメックスプラチナ限定のコンシェルジュサービスを利用すれば、ホテルやレストランの手配がより快適になります。

したがってアメックスプラチナはこんな人におすすめです。

  • 高収入だけど激務で忙しい人
  • 海外出張でホテル・空港ラウンジをよく利用する人
  • 1,000万円の旅行傷害保険が欲しい人
  • メタルカードの高級感を味わいたい人

そしてアメックスプラチナを発行するなら、まずはアメックスゴールドで利用実績を積むことから始めましょう。

カード発行 / 目次へ

 

まずはアメックスゴールドのインビテーションから!

アメックスプラチナを発行するには、まずアメックスゴールドで利用実績を積んで、インビテーションを受ける必要があります。

そのためにも、まずはアメックスゴールドを発行しましょう。

以下のようなメリットも受けられます。

  • 1枚目の家族カード年会費が無料
  • レストラン料金が半額に。ゴールド・ダイニング by 招待日和
  • プライオリティ・パスの年会費無料
  • 旅行予約サイトが割引に
  • 旅行傷害保険が自動付帯にも対応
  • 航空便遅延補償あり(食事代・宿代の補償)
  • ボーナスポイントプログラムで還元率3倍に

アメックスゴールドの記事へ / アメックスゴールドを発行

 

アメックスカードを比較するなら、アメックス比較論!(簡易サイトマップあり)

このサイトでは、以下アメックスカード13種類の記事を書いています。

個人向けプロパーカードは3種類

  1. アメックスグリーン:プライオリティ・パスの年会費無料
  2. アメックスゴールド:ゴールドダイニングでレストランがお得に
  3. アメックスプラチナ:最高峰サービス

航空会社・ホテルの提携カードは5種類

  1. ANAアメックス:ANAマイル1.5倍、ANA提携店で割引
  2. ANAアメックスゴールド:ANAマイル2倍、ANA提携店で割引
  3. デルタアメックス:スカイマイル2倍、1年間シルバーメダリオン付与
  4. デルタアメックスゴールド:スカイマイル3倍、1年間ゴールドメダリオン付与
  5. SPGアメックス:高級ホテルの無料宿泊特典、マリオットの「ゴールドエリート」

ポイント特化型が2種類

  1. スカイトラベラー:旅行サービス利用でポイント3倍、ポイント無期限
  2. スカイトラベラープレミア:旅行サービス利用でポイント5倍、ポイント無期限

法人・ビジネスカードが3種類

  1. アメックスビジネスグリーン:ポイント3倍、医療保険が300万円
  2. アメックスビジネスゴールド:ポイント3倍、自動付帯、航空便遅延補償
  3. アメックスビジネスプラチナ:最高峰サービス

アメックスカードを全体的に比較するなら、トップページをご覧ください。

コメント