おすすめはアメックスゴールド! 空港・保険・遅延補償などのサービスが高水準

アメックスビジネスプラチナの評判・メリット・デメリットまとめ! 最高峰のサービスを受けられる!

アメックスビジネスプラチナは、ビジネスカードの中で最上位のカードです。年会費は140,400円(税込み)。

年会費は税込みで14万円と非常に高く、入会にはインビテーションが必要ですが、それに見合った最高クラスのサービスを提供しています。

例えばホテルの上級会員資格3つが付与されたり、1年に1回有名ホテルに無料で宿泊できたり、プライオリティ・バスで海外の空港ラウンジを好きなだけ使えたりします。

その他にもたくさんサービスはありますが、すべてを把握しきるのは難しいはずです。

そこでこの記事ではアメックスビジネスプラチナのメリット、デメリット、付帯サービスなどを分かりやすく解説することにしました。

まずはアメックスビジネスプラチナの特典やメリットから見ていきましょう。

記事はかなりの長文になりますので、目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

 

  1. アメックスビジネスプラチナの申し込み方法
  2. アメックスビジネスプラチナの特典・メリット
    1. メリット1、プラチナ・セクレタリー・サービス(秘書サービス)で雑務をサポート
    2. メリット2、3つのホテル上級会員資格が得られる
    3. メリット3、1年に1回有名ホテルに無料で泊まれる
    4. メリット4、プライオリティ・パスが使い放題に
    5. メリット5、デルタ航空の専用ラウンジを無料で使える
    6. メリット6、レストランのコース料理1名分が無料
    7. メリット7、ステータスの高さはトップクラス
  3. アメックスビジネスプラチナのデメリット
    1. デメリット1、年会費が高い(税込み140,400円)
    2. デメリット2、申し込みにはインビテーションが必要(招待制)
    3. デメリット3、税金・公共料金の支払いではポイント還元率0.5%
  4. アメックスビジネスプラチナの口コミ・評判
    1. 良い口コミ
    2. 悪い口コミ
  5. アメックスビジネスプラチナの旅行サービス
    1. ホテル・メンバーシップ(3つのホテル上級会員資格)
    2. 国内ホテルおよび旅館でのご優待
    3. フリー・ステイ・ギフト(無料宿泊特典)
    4. プライオリティ・パス「プレステージ会員」の年会費が無料に
    5. デルタ航空専用空港ラウンジの無料利用
    6. 空港ラウンジの無料利用
    7. エアポート送迎サービス(有料)
    8. 手荷物無料宅配サービス
    9. ハーツレンタカーの特典サービス
  6. アメックスビジネスプラチナの娯楽サービス
    1. チケット・アクセス(チケットの先行予約、良席の確保)
    2. ダイニング・アクセス(コース料理1名分が無料)
    3. ダイニング・イベント(食事イベントを体験)
    4. ファイン・ダイニング(レストランの優待)
    5. プリファード ゴルフ(ゴルフプレーが無料に)
    6. プレミア・ゴルフ・アクセス(ゴルフクラブ加入権)
    7. スポーツクラブ・アクセス(スポーツクラブにお得に加入)
    8. プライベート・クルーズ(クルーズがお得に)
    9. ラグジュアリー・フライト(ヘリでのクルージングがお得に)
    10. メディカル・コンサルテーション(電話での健康相談)
  7. アメックスビジネスプラチナの旅行傷害保険
    1. 傷害死亡・後遺障害保険金:最高1億円
    2. 傷害治療費用保険金:最高1,000万円
    3. 疾病治療費用保険金:最高1,000万円
    4. 賠償責任保険金:最高5,000万円
    5. 携行品損害保険金:1旅行中最高100万円(年間100万円まで)
    6. 救援者費用保険金:保険期間中最高1,000万円
  8. アメックスビジネスプラチナの航空便遅延費用
    1. 乗継遅延費用:最高3万円
    2. 出航遅延、欠航、搭乗不能費用:最高3万円
    3. 受託手荷物遅延:最高3万円
    4. 受託手荷物紛失:最高6万円
  9. プロテクションサービス・損害保険
    1. ビジネス・ワランティ・プラス(2つの製品補償サービス)
      1. オフィス・ワランティ・プラス(修理補償)
      2. オフィスウェア・プロテクション(損害補償)
    2. カー・ピッキング・プロテクション(車内の盗難を補償)
    3. キャンセル・プロテクション(キャンセル費用を補償)
    4. オンライン・プロテクション(ネットの不正利用に対する補償)
    5. リターン・プロテクション(アメックスが返品を代行)
    6. ショッピング・プロテクション(商品の損害を補償)
    7. ゴルフ保険(ゴルフ関連の事故・損害を補償)
      1. 傷害補償(ケガの治療費を補償)
      2. 第三者賠償保険金(ゴルフ用品の損害を補償)
      3. 用品損害保険金(損害賠償を補償)
      4. ホールインワン・アルバトロス費用保険金(祝い金の支払い)
  10. アメックスビジネスプラチナの追加カード
    1. ETCカードは最大5枚まで
    2. 家族カードは発行できない
  11. アメックスビジネスプラチナの申し込み・入会方法
    1. インビテーションについて
  12. 審査について
  13. 限度額は存在しない
  14. アメックスセンチュリオン(ブラックカード)のビジネスカードは存在しない
  15. まずはビジネスゴールドのインビテーションから!

アメックスビジネスプラチナの申し込み方法

ビジネスプラチナはいきなり申し込めません。

アメックスビジネスゴールドを発行して、利用実績を積んでから、インビテーションを受ける必要があります。

利用実績の目安は、3ヶ月から1年です。

目次に戻る

 

アメックスビジネスプラチナの特典・メリット

アメックスビジネスプラチナの主なメリットは以下の通りです。

  • プラチナ・セクレタリー・サービス(秘書サービス)で雑務をサポート
  • 3つのホテル上級会員資格が得られる
  • 1年に1回有名ホテルに無料で泊まれる
  • プライオリティ・パスが使い放題に
  • デルタ航空の専用ラウンジを無料で使える
  • レストランのコース料理1名分が無料
  • ステータスの高さはトップクラス

それぞれのメリットを順に解説します。

 

メリット1、プラチナ・セクレタリー・サービス(秘書サービス)で雑務をサポート

プラチナ・セクレタリー・サービスは、旅行の手配やホテル・レストランの予約などを代行してくれるサービスです。

希望する条件をオペレーターに伝えると、要望に合わせた提案をしてもらえます。旅行プランやホテルについて調べる手間が省け、時短にもつながり便利です。

そのほかにもアメックス関連のサービスで困ったことがあれば、電話で相談してみましょう。あなたの代わりに調べたり、手続きを代行してくれたりします。

目次に戻る

 

メリット2、3つのホテル上級会員資格が得られる

アメックスビジネスプラチナを保有すると、ヒルトン・オーナーズSPG(ゴールドエリート)ラディソンの3つのホテル上級会員資格を獲得できます。

これらの上級会員資格があれば、ホテルの利用がより快適になり、ポイントなども貯まりやすくなります。

目次に戻る

 

メリット3、1年に1回有名ホテルに無料で泊まれる

アメックスビジネスプラチナを1年以上利用すると、1年に1回だけ有名ホテルに宿泊できるフリーステイギフト(無料宿泊特典)がプレゼントされます。

ただしこの宿泊特典が使えるのは、カードを発行してから2年目以降です。

目次に戻る

 

メリット4、プライオリティ・パスが使い放題に

アメックスビジネスプラチナを保有していると、プライオリティ・パスも使い放題になります。年会費が無料になるだけでなく、利用料金も無制限で無料になります。

プライオリティパスは海外の空港ラウンジが使えるようになるサービスです。特に海外出張が多い人は重宝するでしょう。

目次に戻る

 

メリット5、デルタ航空の専用ラウンジを無料で使える

アメックスビジネスプラチナを保有していると、デルタ航空の専用ラウンジ「デルタスカイクラブ」を無料で利用できるようになります。

ただしカード会員が利用できるのはデルタ航空の直営ラウンジだけで、提携ラウンジを使うことはできません。

目次に戻る

 

メリット6、レストランのコース料理1名分が無料

ダイニング・アクセスというサービスでは、ランチのコースを2名から4名で予約すると、1名分のコース料金が無料になります。

ただし無料になるのはコース料理だけで、飲み物などは有料です。

目次に戻る

 

メリット7、ステータスの高さはトップクラス

アメックスビジネスプラチナは、アメックスからのインビテーションがないと入会できない招待制のカードです。その希少性の高さから、ステータスカードとして知られています。

アメックスビジネスゴールドカードは割と簡単に作れるため、以前ほどステータスは高くありません。

その点でプラチナカードは保有できる人が限られるため、ステータスの価値も担保されています。

目次に戻る

 

 

アメックスビジネスプラチナのデメリット

アメックスビジネスプラチナのデメリットは以下の通りです。

  • 年会費が高い(税込み140,400円)
  • 申し込みにはインビテーションが必要(招待制)
  • 税金・公共料金の支払いではポイント還元率0.5%

それぞれのデメリットを解説しますね。

 

デメリット1、年会費が高い(税込み140,400円)

アメックスビジネスプラチナの最大のデメリットは、年会費が税込み14万円と非常に高額なことです。14万円もあれば、1年に1回大型家電が買えますよね。

海外旅行にあまり行かない人、もしくは高級ホテルをあまり使わない人にとって、アメックスビジネスプラチナは宝の持ち腐れです。

こうしたサービスに興味のない人は、コストパフォーマンスの高いアメックスビジネスグリーンを発行しましょう。

目次に戻る

 

デメリット2、申し込みにはインビテーションが必要(招待制)

またアメックスビジネスプラチナは、アメックスからのインビテーションがないと申し込めません。欲しい時にこちらから申し込めないのは少し不便ですね。

インビテーションを受けるための条件は、アメックスビジネスゴールドをある程度利用し、アメックスから信頼を得ることです。

ただ最近はインビテーションを受け取るハードルも下がってきており、カード利用が100万円以下でも、1年以上利用すればインビテーションが届くケースが多いです。

とにかくアメックスビジネスプラチナが欲しいなら、まずはアメックスビジネスゴールドから入会しましょう。

目次に戻る

 

デメリット3、税金・公共料金の支払いではポイント還元率0.5%

アメックスビジネスプラチナの3つ目のデメリットは、税金や公共料金を支払う時のポイント還元率が0.5%になることです

この場合の公共料金は、電気、水道、ガスなどを含めます。

還元率が0.5%になる加盟店に関しては、こちらのリンクをご参照ください。

▷ 加算対象外・100円=1ポイントとして換算されない加盟店

目次に戻る

 

 

アメックスビジネスプラチナの口コミ・評判

ここまで長々とアメックスビジネスプラチナのメリット・デメリットを解説してきました。

しかしこれは筆者一人の意見であるため、どうしても商品を褒める方向に偏りやすいです。

そこでここからは、アメックスビジネスプラチナの口コミ・評判について触れておくことにしました。情報のソース元はクレファン価格コムです。

 

良い口コミ

  • コンシェルジュの対応が丁寧
  • ステータスが高く、高齢層の心をつかめる
  • 追加カード4枚まで無料
  • 旅行傷害保険の金額がトップクラス

アメックスビジネスプラチナの最大のメリットは、やはりコンシェルジュサービスです。オペレーターに電話でホテルやレストランの予約の手配をお願いすれば、その分だけ時間を節約できます。

またインビテーションが必要な招待制カードだけあって、ステータスが高く、女性や年配の方の心をつかみやすくなります。

そして怪我・病気向けの保険金の金額が1,000万円と最高クラスで、海外旅行中に病院通いをすることになっても、金銭面の心配をすることがなくなります。

目次に戻る

 

悪い口コミ

  • 年会費が高い
  • 分割払いができない(ビジネスカードなため)
  • プラチナへの切り替え時にカード番号が変わる
  • ビジネスプラチナ専用のページがない

アメックスビジネスプラチナで不満が多いのは、やはり年会費の高さです。年会費税込14万円は非常に高額で、出張や旅行の頻度が少ない人だと年会費の元が取れません。

またアメックスビジネスプラチナはビジネスカードであるため、分割払いを選択できません。基本的には一括払いとなります。

そして地味に大きな不満となっているのが、ゴールドからプラチナに切り替える時にカード番号が変わることです。そのため光熱費などをカードで支払っていると、カードを変更しないといけなくなり面倒です。

目次に戻る

 

アメックスビジネスプラチナの旅行サービス

アメックスビジネスプラチナの旅行サービスは以下の通りです。

  • ホテル・メンバーシップ
  • 国内ホテルおよび旅館でのご優待
  • フリー・ステイ・ギフト
  • プライオリティ・パス
  • デルタ航空専用空港ラウンジ
  • 空港ラウンジ
  • エアポート送迎サービス
  • 手荷物無料宅配サービス
  • ハーツレンタカー

今からそれぞれの旅行サービスを解説しますね。

 

ホテル・メンバーシップ(3つのホテル上級会員資格)

アメックスビジネスプラチナを持っていれば、無条件かつ無料で高級ホテルの上級会員資格を得られます。

この上級資格があれば、お部屋のアップグレード、アリー・チェックイン、レイト・チェックアウトなどができるようになります。

得られるのは以下の3つの資格です。

たった1枚のカードで3つのホテル上級会員資格が手に入るのは、かなり太っ腹ですね。

ただしアメックスビジネスプラチナを解約すると、これらの会員権も失うのでご注意下さい。

目次に戻る

 

国内ホテルおよび旅館でのご優待

アメックスビジネスプラチナを持っていると、国内ホテルで様々な優待サービスを受けられます。

具体的な優待の内容としては、

  • お部屋のアップグレード
  • アーリー・チェックイン
  • レイト・チェックアウト
  • 朝食の無料サービス
  • レストランの割引サービス
  • 無料Wi-fi

などがあります。

優待の詳細については、アメックスビジネスプラチナの「Benefit Book」をご覧ください。

目次に戻る

 

フリー・ステイ・ギフト(無料宿泊特典)

フリー・ステイ・ギフトは、1年に1回だけ高級ホテルに無料で宿泊できるサービスです。

アメックスビジネスプラチナを1年以上利用し、年会費を支払った2ヶ月後にプレゼントされます。

つまりこのサービスが利用できるのは、カードを発行した2年目以降ということです。

フリーステイギフトの注意点は以下の通り。

  • 対象は日本国内のホテルのみ(海外のホテルは対象外)
  • 1泊食事なしのプランを1室2名様まで
  • 平日のみご利用可能
  • お部屋のアップグレードは追加料金が必要
  • 利用時にはカードを提示すること

フリーステイギフトで利用できるホテルについては、対象ホテル一覧(PDF)をご確認ください。

目次に戻る

 

プライオリティ・パス「プレステージ会員」の年会費が無料に

アメックスビジネスプラチナを保有していると、プライオリティ・パス「プレステージ会員」の年会費が無料になります。

プライオリティ・パスは、海外の空港ラウンジが利用出来るサービスです。休憩室でくつろぎながら飲み物を飲んだり、Wi-Fiを使って仕事をしたりすることもできます。

さらに追加カード会員の人もこのサービスを無料で利用できます。

ちなみにプライオリティパスには3つのランクがあり、プレステージ会員はその1番上のランクです。

  • スタンダード(年会費99ドル):利用料金32ドル
  • スタンダード・プラス(年会費299ドル):利用料金が10回まで無料
  • プレステージ(年会費429ドル):利用料金が無制限に無料

また、アメックスビジネスプラチナでは同伴者も1名までなら無料で空港ラウンジを利用できます。(通常のプレステージ会員だと同伴者は有料)

目次に戻る

 

デルタ航空専用空港ラウンジの無料利用

アメックスビジネスプラチナを保有していると、デルタ航空の空港ラウンジを無料で利用できるようになります。追加カード会員の方も同様に無料です。

ただし利用できるのはデルタ航空の直営ラウンジのみです。スカイチーム提携のラウンジは使えません。

それと同伴者の方の利用は有料になります。(1名につき29米ドル/2名様まで)

目次に戻る

 

空港ラウンジの無料利用

アメックスビジネスプラチナを保有していると、空港ラウンジを無料で利用できるようになります。ゴールドカードによく付帯する定番のサービスですね。

またカード会員だけでなく、同伴者の方も無料で利用できます。

詳しくはアメックスの空港ラウンジのページをご覧ください。

目次に戻る

 

エアポート送迎サービス(有料)

エアポート送迎サービスは、海外旅行から出発するとき、もしくは帰国するときに、指定の場所から空港まで送迎してもらえるサービスです。

料金の目安は1,500円から1万5,000円程度です。

ただしこのサービスを利用するにはプラチナセクレタリーサービスで申し込む必要があります。

そして対象となる空港も4空港だけです。(羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)

目次に戻る

 

手荷物無料宅配サービス

手荷物無料宅配サービスは、海外旅行に出発するとき、スーツケースを2個まで無料で自宅から空港に配送してもらえるサービスです。

海外旅行から帰国するときには、空港から自宅まで運んでもらえます。

サービスを利用するにあたって、アメックスの会員サイトからJALエービーシーのサイトにアクセスして予約をする必要があります。

荷物を預けたり受け取ったりするときは、アメックスビジネスプラチナカードを提示する必要があります。忘れず携帯しておきましょう。

目次に戻る

 

ハーツレンタカーの特典サービス

ハーツレンタカーを利用するときに、特典サービスを受けられます。

具体的な特典内容は以下の通りです。

  • 米国アフォーダブル料金(事前予約割引料金)から20%割引
  • 車種のアップグレード、もしくは25ドルの料金割引(プラチナ・セクレタリー・サービスの予約が必要)

ただしこれらの特典を利用するには、ハーツGoldプラス・リワーズ(年会費無料)の登録が必要です。

目次に戻る

 

アメックスビジネスプラチナの娯楽サービス

アメックスビジネスプラチナが提供する娯楽サービスは以下の通りです。

  • チケット・アクセス
  • ダイニング・アクセス
  • ダイニング・イベント
  • ファイン・ダイニング
  • プリファード ゴルフ
  • プレミア・ゴルフ・アクセス
  • スポーツクラブ・アクセス
  • プライベート・クルーズ
  • ラグジュアリー・フライト
  • メディカル・コンサルテーション

では、次は娯楽サービスの解説に移ります。

 

チケット・アクセス(チケットの先行予約、良席の確保)

チケット・アクセスは、チケットの先行予約、良席の確保などができるサービスです。

また他にも公演によってはドリンクチケットや軽食のサービスがあったり、不正利用対策のオンライン・プロテクションが適用されたりもします。

目次に戻る

 

ダイニング・アクセス(コース料理1名分が無料)

ダイニング・アクセスは、2名から4名のコース料理を予約することで、1名分の料金が無料になるサービスです。

ただし無料になるのはコース料理だけで、飲み物の料金は普通に請求されます。

それと注意しておいてもらいたいのが、コース料理1名分が無料になるのは、ダイニング・アクセス専用ウェブサイトを経由して予約をした時のみということです。

公式サイトや電話で直に予約をすると、無料にならないのでご注意ください。

目次に戻る

 

ダイニング・イベント(食事イベントを体験)

ダイニング・イベントは、豪華な食事イベントを体験できるサービスです。

目次に戻る

 

ファイン・ダイニング(レストランの優待)

ファイン・ダイニングは、有名レストランにて優待特典を受けられるサービスです。

特典内容の具体例は以下の通りです。

  • 人気のあるお席へご案内
  • ウェルカム・ドリンク
  • デザート1品のサービス
  • お土産・お菓子のプレゼント

詳しくはファイン・ダイニングの対象店舗一覧(PDF)をご確認ください。

目次に戻る

 

プリファード ゴルフ(ゴルフプレーが無料に)

プリファード ゴルフは、提携ホテルを宿泊することで、ゴルフのプレイ料金が無料になるサービスです。

このサービスを利用するには、アメックスのウェブサイトからプリファード ゴルフにアクセスして、登録する必要があります。

それ以外の方法で登録すると、プリファード ゴルフの年会費は無料になりませんのでご注意ください。

目次に戻る

 

プレミア・ゴルフ・アクセス(ゴルフクラブ加入権)

プレミア・ゴルフ・アクセスは、会員制のゴルフクラブを紹介なしで利用できるサービスです。

ただしこのサービスを利用できるのは、平日のみです。

目次に戻る

 

スポーツクラブ・アクセス(スポーツクラブにお得に加入)

スポーツクラブ・アクセスは、会員制のスポーツクラブを入会金・年会費無料で利用できるサービスです。

サービスを利用するときは、アメックスビジネスプラチナを提示し、そのカードで料金の支払いを行いましょう。

提携しているスポーツ施設は以下の3つです。

  • コンラッド東京29階 「水月スパ&フィットネス
  • スイスホテル南海大阪「ピュロヴェルスパ&スポーツ」
  • グランド・ハイアット・福岡「クラブオリンパス」

目次に戻る

 

プライベート・クルーズ(クルーズがお得に)

プライベート・クルーズは、クルーズを優待料金で利用できるサービスです。

他にもミネラルウォーターや花束などのサービスも用意しています。

サービスの対象となるマリーナは以下の通りです。

料金については、プライベート・クルーズの料金表(PDF)をご覧ください。

目次に戻る

 

ラグジュアリー・フライト(ヘリでのクルージングがお得に)

ラグジュアリー・フライトは、ヘリコプタークルージングのときに優待特典を受けられるサービスです。

具体的な特典内容は以下の通りです。

  • ウェルカム・スイーツをご用意(全コース対象/1名様につき1つ)
  • プライベートルームのご利用が最大1時間無料(通常1時間1万円)
  • アレンジフライト(希望の場所を飛行できる)

ちなみにこのサービスを提供している会社はエクセル航空です。

サービスの料金については、エクセル航空の公式サイトをご覧ください。

目次に戻る

 

メディカル・コンサルテーション(電話での健康相談)

メディカル・コンサルテーションは、電話で健康関連の相談ができるサービスです。健康に関する不安・悩みを、医療機関のプロが解決してくれるわけですね。

他にもアメックスビジネスプラチナカード会員限定で、検診サービスの割引を受けられます。

ちなみにこのサービスを提供している会社は、ベネフィットワンヘルスケアです。

目次に戻る

 

 

アメックスビジネスプラチナの旅行傷害保険

アメックスビジネスプラチナを保有していると、以下の旅行傷害保険が適用されます。

以下の保険金は利用付帯の時のものです。金額はアメックスビジネスグリーン・ゴールドよりもずっと大きいです。

  • 傷害死亡・後遺障害保険金:最高1億円
  • 傷害治療費用保険金:最高1,000万円
  • 疾病治療費用保険金:最高1,000万円
  • 賠償責任保険金:最高5,000万円
  • 携行品損害保険金:1旅行中最高100万円(年間100万円まで)
  • 救援者費用保険金:保険期間中最高1,000万円

詳しい保険の内容、自動付帯の時については、アメックスビジネスプラチナの保険・補償のご案内をご覧ください。

 

傷害死亡・後遺障害保険金:最高1億円

旅行中の事故で死亡したとき、もしくは後遺症を患ったときに支払われる保険金です。

海外旅行中に事故で死亡した場合は1億円が、後遺症を患ったときはその3%から100%がそれぞれ支払われます。

目次に戻る

 

傷害治療費用保険金:最高1,000万円

海外旅行中の事故でケガをしたとき、その治療費に支払われる保険金です。

目次に戻る

 

疾病治療費用保険金:最高1,000万円

海外旅行中に病気になったとき、その治療費に支払われる保険金です。

妊娠、歯の病気、旅行前に発症していた病気は、支払いの対象外となります。

目次に戻る

 

賠償責任保険金:最高5,000万円

海外旅行にうっかり誤って他人をケガさせたり、他人のものを壊してしまったりしたときに、支払われる保険金です。

目次に戻る

 

携行品損害保険金:1旅行中最高100万円(年間100万円まで)

海外旅行中に貴重品を盗まれたり壊されたりした時に支払われる保険金です。

航空券やホテルの宿泊券、パスポート、カメラやスマートフォンなどが該当します。

目次に戻る

 

救援者費用保険金:保険期間中最高1,000万円

海外旅行中に旅行者が遭難、入院、死亡した場合、ご家族や友人が現地の病院に駆けつけることになります。

その経済的な負担を肩代わりしてくれるのが、救援者費用保険金です。

目次に戻る

 

 

アメックスビジネスプラチナの航空便遅延費用

アメックスビジネスプラチナは航空便遅延費用補償にも対応しており、補償金額は以下のとおりです。

  • 乗継遅延費用:最高3万円
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用:最高3万円
  • 受託手荷物遅延:最高3万円
  • 受託手荷物紛失:最高6万円

では、それぞれの補償内容を軽く解説します。

 

乗継遅延費用:最高3万円

航空便の遅延で乗り継ぎに失敗した場合、宿泊料金と食事代を3万円まで補償してもらえます。

目次に戻る

 

出航遅延、欠航、搭乗不能費用:最高3万円

搭乗する予定の航空便が4時間以上の遅延・欠航になり、4時間以内に替わりの便を見つけられなかった場合、食事代を3万円まで補償してもらえます。

目次に戻る

 

受託手荷物遅延:最高3万円

到着して6時間以内に手荷物が目的地に運ばれなかった場合、現地で購入した生活用品を3万円まで補償してもらえます。

目次に戻る

 

受託手荷物紛失:最高6万円

到着して48時間以内に手荷物が目的地に運ばれなかった場合、手荷物は紛失したものと見なされ、現地で購入した生活用品を6万円まで補償してもらえます。

目次に戻る

 

 

プロテクションサービス・損害保険

アメックスビジネスプラチナは不正対策・補償サービスも万全です。

  • ビジネス・ワランティ・プラス
  • カー・ピッキング・プロテクション
  • キャンセル・プロテクション
  • オンライン・プロテクション
  • リターン・プロテクション
  • ショッピング・プロテクション
  • ゴルフ保険

では、それぞれの保険・プロテクションを解説します。

 

ビジネス・ワランティ・プラス(2つの製品補償サービス)

ビジネス・ワランティ・プラスは、買った商品の補償を受けられるサービスで、以下の2つのサービスから成り立っています。

  • オフィス・ワランティ・プラス(修理補償を3年間に延長)
  • オフィスウェア・プロテクション(事故による損害を3年間補償)

ビジネス・ワランティ・プラスの対象商品・支払い条件などについては、補償規定(PDF)をご確認ください。

今から2つの補償サービスを解説しますね。

目次に戻る

 

オフィス・ワランティ・プラス(修理補償)

メーカーの保証が切れた後に、製品が故障しても、購入日から3年間は修理補償に対応してもらえます。

目次に戻る

 

オフィスウェア・プロテクション(損害補償)

火災・破損・水漏れなどの事故で生じた損害を3年間補償します。

目次に戻る

 

カー・ピッキング・プロテクション(車内の盗難を補償)

カー・ピッキング・プロテクションは、車内の所有物が損害を受けたとき補償を受けられるサービスです。

例えば車の中に置きっ放しにしたノートパソコンやカメラなどが盗まれた時に力を発揮します。ただし、商品・現金・スマホ・貴金属などは対象外です。

また年間の補償額は30万円で、1事故あたりの自己負担額は5,000円です。

詳しくはカー・ピッキング・プロテクションの補償規定(PDF)をご覧ください。

目次に戻る

 

キャンセル・プロテクション(キャンセル費用を補償)

キャンセル・プロテクションは、ケガや病気でフライトやホテル、コンサートなどをキャンセルした時、そのキャンセル費用を補償してもらえるサービスです。

年間あたりの支払い限度額は以下の通りです。

  • 会員様ご本人、会員様ご本人の配偶者または会員様ご本人の1親等以内の親族や同行予定者の死亡・傷害または疾病による入院に基づくキャンセルの場合:50万円(年間限度額)
  • 会員様ご本人、会員様ご本人の配偶者または会員様ご本人の子供の傷害による通院に基づくキャンセルの場合:15万円(年間限度額)

自己負担額は、「1,000円」または「キャンセル費用の10%に相当する額」のいずれか高い額となります。

キャンセル・プロテクションの詳細については、補償規定(PDF)をご確認ください。

目次に戻る

 

オンライン・プロテクション(ネットの不正利用に対する補償)

オンライン・プロテクションは、インターネット上の不正利用に対し全額補償してくれるサービスです。これで安心してネットショッピングを楽しめますね。

目次に戻る

 

リターン・プロテクション(アメックスが返品を代行)

リターン・プロテクションは、お店が商品の返品を受け付けてくれないとき、アメックスが返品を代行してくれるサービスです。商品をアメックスに発送することで、購入金額を口座に払い戻してくれます。

ただし1商品あたりの限度額は3万円で、年間では最高15万円です。

目次に戻る

 

ショッピング・プロテクション(商品の損害を補償)

ショッピング・プロテクションは、購入した商品が壊れていた時、その代金を補償してくれるサービスです。

保証期間は購入日から90日間、年間の限度額は500万円、免責金額は1事故1万円です。

目次に戻る

 

ゴルフ保険(ゴルフ関連の事故・損害を補償)

ゴルフ保険は、ゴルフをしている時に生じた損害を補償するサービスです。

ゴルフ保険には大きく分けて4つの保険があります。

  • 傷害補償
  • 第三者賠償保険金
  • 用品損害保険金
  • ホールインワン・アルバトロス費用保険金

ゴルフ保険の詳細については、「ゴルフ保険規定」(PDF)をご覧ください。

では、それぞれのゴルフ保険を解説します。

目次に戻る

 

傷害補償(ケガの治療費を補償)

ゴルフプレー中の事故が原因でケガをしたとき、その医療費を補償します。具体的な保険金額は以下の通りです。

  • 死亡・後遺障害保険金額/最高1,000万円
  • 入院保険金日額/15,000円
  • 通院保険金日額/10,000円

目次に戻る

 

第三者賠償保険金(ゴルフ用品の損害を補償)

ゴルフクラブ・ゴルフ用品が壊されたり盗まれたりした時、その損害額を補償します。保険金の年間限度額は10万円です。

目次に戻る

 

用品損害保険金(損害賠償を補償)

ゴルフプレー中にうっかり他人をケガさせたり、他人のものを壊したりしたとき、その賠償額を補償します。保険の限度額は5,000万円です。

目次に戻る

 

ホールインワン・アルバトロス費用保険金(祝い金の支払い)

ゴルフプレー中にホールインワンやアルバトロスを達成した場合、そのお祝いをする費用を支払ってくれます。

保険金の支払い限度額は30万円で、以下の4つの費用に適用されます。

  • 贈呈用記念品購入費用
  • 祝賀会費用(3ヶ月以内に開催されたものに限る)
  • 記念植樹費用
  • キャディへの祝儀

目次に戻る

 

 

アメックスビジネスプラチナの追加カード

アメックスビジネスプラチナでは、従業員向けの追加カードを4枚まで無料で発行できます。他のビジネス追加カードを比較しておきます。

  • アメックスビジネスグリーン:6,480円(税込み)
  • アメックスビジネスゴールド:12,960円(税込み)
  • アメックスビジネスプラチナ:4枚まで無料

 

ETCカードは最大5枚まで

アメックスビジネスプラチナでは、ETCカードを最大5枚まで無料で発行できます。

目次に戻る

 

家族カードは発行できない

アメックスビジネスプラチナでは、家族カードを発行していません。そのかわり従業員での追加カードを発行しています。

目次に戻る

 

アメックスビジネスプラチナの申し込み・入会方法

アメックスビジネスプラチナに入会するには、アメックスビジネスゴールドカードを保有した状態でインビテーションを受ける必要があります。

ゴールドでの利用実績がアメックスからある程度認められて、ようやくプラチナに到達するわけですね。

したがってアメックスビジネスプラチナに入会するには、まずアメックスビジネスゴールドを発行する必要があります。

目次に戻る

 

インビテーションについて

アメックスゴールドを発行してからプラチナのインビテーションが届くまでの期間やカード利用額は、人によって様々です。

目安としてはカード利用額は30万円から60万円、インビテーションが届くまでの期間は1年ほどです。

アメックスビジネスプラチナは富裕層向けのカードと思われていましたが、最近は発行のハードルが下がっているのかもしれません。

プラチナのインビテーションが届いてから審査に通過するまでの流れは、こちらの記事でうまくまとめられています。

▷ アメックスビジネスプラチナのインビテーションから審査について…

目次に戻る

 

審査について

アメックスビジネスプラチナのインビテーションが届くという事は、経済的な状況に恵まれているということなので、審査に通過する可能性もかなり高いです。

それでもクレジットカードの審査に絶対はないので、審査落ちするリスクはなるべく減らしておきたいところです。

そのためアメックスビジネスプラチナを申し込む前には、クレジットカードの支払い延滞やカードの多重申し込みなどは避けるようにしましょう。

目次に戻る

 

限度額は存在しない

アメックスビジネスプラチナには限度額は存在しません。これは他のアメックスカードでも同様です。

だからといってカードの利用額が無限に使えるというわけではなく、裏の限度額が設定されています。

アメックスビジネスプラチナも最初のうちは限度額は50万円程度と低いですが、1年ほど使い込めば限度額が500万円にも達するケースもあります。

基本的にアメックスカードの限度額は少しずつ育てていくものです。

したがってアメックスビジネスプラチナの限度額を引き上げたいなら、時間をかけて使い続けるのが近道です。

アメックスプラチナの発行直後の利用限度額についてはこちらの記事をご参照ください。ビジネスカードではありませんが、共通する部分が多いはずです。

アメックスプラチナ発行直後の利用可能額は?意外な事実が判明

目次に戻る

 

アメックスセンチュリオン(ブラックカード)のビジネスカードは存在しない

アメックスプラチナカードには、さらに上のランクの「アメックスセンチュリオンカード」が存在します。通称アメックスブラックです。

ただこのアメックスセンチュリオンには、ビジネスカードは存在しません。

そのためビジネスカードの最上位はアメックスビジネスプラチナカードということになります。

目次に戻る

 

まずはビジネスゴールドのインビテーションから!

アメックスビジネスプラチナを発行するには、アメックスビジネスゴールドでインビテーションを受ける必要があります。

そのためにもまずは、アメックスビジネスゴールドで利用実績を積みましょう。個人差はありますが、目安としては3ヶ月から1年ほどメインとして使えば十分です。

ビジネスゴールドについては、こちらの記事で詳しく書いています。

ビジネスゴールドの記事へ

目次に戻る

高コスパなアメックスカードランキング
アメックスゴールド
アメックスゴールド

ゴールドダイニングで、レストラン料金が実質半額に
プライオリティ・パスの年会費と利用料金2回分が無料に
1枚目の家族カード年会費が無料
医療保険は300万円
ボーナスポイントプログラムでポイント3倍

SPGアメックス
SPGアメックス

ホテル上級会員資格「ゴールドエリート」
年に1回の無料宿泊特典
5泊分の宿泊実績(プラチナエリートへのランクアップに近づく)
SPG系列の飲食店が料金15%オフ

アメックスグリーン
アメックスグリーン

プライオリティ・パスの年会費無料
ボーナスポイントプログラムでポイント3倍

アメックスカード
むれをフォローする
アメックス比較論

コメント

タイトルとURLをコピーしました