【わかりやすく比較!】アメックスカード14枚の年会費・保険・サービス・特典を比較しました!

アメックスカードは年会費こそ高いものの、旅行向けのサービスが充実したクレジットカードです。

ただアメックスカードは代表的なものでも10種類以上あり、それぞれの具体的な違いがわかりにくいです。

そこでこの記事ではアメックスカードの代表的なものを紹介し、かつその特徴を簡単に解説することにしました。

記事はかなりの長文になりますので、目次から読みたい箇所をピックアップして読んでください。

 

個人的におすすめなアメックスカード3選

この記事で紹介するアメックスカードは14種類ですが、中でも高コスパなカードは以下の3つです。

アメックスカードの種類が多くて選べない方は、参考にしてください。リンク先で個別記事に移動します。

  1. アメックスゴールド(ゴールドダイニング、旅行傷害保険、プライオリティ・パスが便利!)
  2. SPGアメックス(ゴールドエリートと無料宿泊特典でホテルが快適に!)
  3. アメックスグリーン(年会費1万3千円の高コスパ!)

ここからはアメックスカード14枚の解説に移ります。

目次へ

 

アメックスプロパーカード

アメックスグリーン

アメックスグリーンは、年会費が安く、総合的にコストパフォーマンスの高いカードです。

メリットは以下のとおり。

  • 年会費が安い(1万3千円)
  • プライオリティ・パスの年会費が無料
  • メンバーシップ・リワード・プラスに加入できる(年会費3,240円)
  • 「ボーナスポイントプログラム」でポイント3倍
  • 旅行サイトで5%から8%の割引

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:12,960円(税込み)
  • 家族カード年会費:6,480円(税込み)
  • 治療費用:100万円
  • 携行品損害:1旅行中最高30万円(年間100万円まで)
  • 保険の自動付帯:なし
  • 航空便の遅延補償:なし

アメックスグリーンの記事へ / 目次へ

 

アメックスゴールド

アメックスゴールドは、レストラン・保険・ポイントサービスのバランスが良いカードです。

メリットは以下のとおり。

  • 家族カード1枚目の年会費が無料
  • 「ゴールドダイニング」で、レストラン料金が1名分無料
  • プライオリティ・パスの年会費と2回分の利用料金が無料
  • 医療保険が最大300万円
  • 保険が自動付帯に
  • 航空便遅延補償あり
  • 「ボーナスポイントプログラム」でポイント3倍に

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:31,320円(税込み)
  • 家族カード年会費:1枚目無料、2枚目以降12,960円(税込み)
  • 治療費用:300万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円(年間100万円まで)
  • 保険の自動付帯:あり
  • 航空便の遅延補償:あり

アメックスゴールドの記事へ / 目次へ

 

アメックスプラチナ

アメックスプラチナは、年会費こそ高いですが、旅行サービスが非常に充実したカードです。

メリットは以下のとおり。

  • メンバーシップ・リワード・プラスが無料
  • コンシェルジュサービスで、ホテル・レストランの手配が簡単に
  • 年に1回無料でホテルに宿泊できる(フリー・ステイ・ギフト)
  • プライオリティ・パスが使い放題に
  • 世界中1,200の空港ラウンジを利用できる
  • 医療保険が最大1,000万円

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:140,400円(税込み)
  • 家族カード年会費:4枚目まで無料
  • 治療費用:1,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高100万円
  • 保険の自動付帯:あり
  • 航空便の遅延補償:あり

アメックスプラチナの記事へ / 目次へ

 

アメックスセンチュリオン(アメックスブラック)

アメックスセンチュリオンは、アメックスプラチナのさらに上位の、アメックス最上位カードです。

アメックスプラチナと同じく、インビテーションを受けた人にしか発行されません。

インビテーションを受けるための条件は明示されていませんが、少なくともアメックスプラチナを保有していることは最低条件のようです。

アメックスプラチナよりも発行するハードルが非常に高く、いわゆる富裕層しか所持できないとされています。

▷ 目次へ

 

ホテル・航空会社と提携しているアメックスカード

ANAアメックス

ANAアメックスは、ANAのサービスをお得に利用できるカードです。

メリットは以下のとおり。

  • 年会費が安い(7,500円ほど)
  • ANAグループ利用でポイント1.5倍
  • ANAグループ便利用で10%のボーナスマイル
  • ANAグループの買い物で5%から10%の割引
  • 継続ボーナスとして1,000マイル

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:7,560円(税込み)
  • 家族カード年会費:2,700円(税込み)、初年度年会費無料
  • 治療費用:100万円
  • 携行品損害:1旅行中最高30万円(年間100万円まで)
  • 保険の自動付帯:なし
  • 航空便の遅延補償:なし

ANAアメックスの記事へ / 目次へ

 

ANAアメックスゴールド

ANAアメックスゴールドはANAアメックスの上位版で、ポイント付与率や保険がパワーアップしています。

メリットは以下のとおり。

  • ANAグループ利用でポイント2倍
  • ANAグループ便利用で25%のボーナスマイル
  • ANAグループの買い物で5%から10%の割引
  • 継続ボーナスとして2,000マイル
  • ポイントが無期限に
  • 保険が自動付帯に
  • 医療保険が300万円に

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:33,480円(税込み)
  • 家族カード年会費:16,740円(税込み)、初年度年会費無料
  • 治療費用:300万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円(年間100万円まで)
  • 保険の自動付帯:あり
  • 航空便の遅延補償:なし

ANAアメックスゴールドの記事へ / 目次へ

 

SPGアメックス

SPGアメックスは高級ホテルによく滞在する人におすすめのカードです。

メリットは以下のとおり。

  • SPG・マリオットの会員資格「ゴールドエリート」
  • 1年に1回の無料宿泊特典
  • 5泊分の宿泊実績(プラチナエリート獲得に必要)
  • SPG系列レストラン・バーの料金15%オフ
  • 航空会社44社のマイルと交換できる
  • 医療保険が300万円

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:33,480円(税込み)
  • 家族カード年会費:16,740円(税込み)
  • 治療費用:300万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円(年間100万円まで)
  • 保険の自動付帯:あり
  • 航空便の遅延補償:あり

SPGアメックスの記事へ / 目次へ

 

デルタアメックス

デルタアメックスは、デルタ航空のスカイマイルが貯まりやすいカードです。

メリットは以下のとおり。

  • 1枚目の家族カード年会費が無料
  • 1年間デルタ航空の会員資格「シルバーメダリオン」を付与
  • デルタ航空の利用でポイント2倍
  • 海外での買い物でポイント1.3倍
  • カード利用継続で2,000マイルボーナス

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:12,960円(税込み)
  • 家族カード年会費:1枚目無料、2枚目以降6,480円(税込み)
  • 治療費用:100万円
  • 携行品損害:1旅行中最高30万円(年間100万円まで)
  • 保険の自動付帯:なし
  • 航空便の遅延補償:なし

デルタアメックスの記事へ / 目次へ

 

デルタアメックスゴールド

デルタアメックスゴールドも、スカイマイルが貯めやすいカードです。

メリットは以下のとおり。

  • 家族カード1枚目の年会費が無料
  • 入会から1年間デルタ航空の会員資格「ゴールドメダリオン」を付与
  • デルタ航空の利用でマイルが3倍に
  • 海外での買い物でマイルが1.5倍に
  • カード利用継続で3,000マイルボーナス
  • 旅行傷害保険が自動付帯にも対応

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:28,080円(税込み)
  • 家族カード年会費:1枚目無料、2枚目以降12,960円(税込み)
  • 治療費用:300万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円(年間100万円まで)
  • 保険の自動付帯:あり
  • 航空便の遅延補償:なし

デルタアメックスゴールドの記事へ / 目次へ

 

ポイント還元率に特化したアメックスカード

スカイトラベラーカード

スカイトラベラーカードは、ポイントの貯めやすいカードです。

メリットは以下のとおり。

  • 航空会社28社・旅行代理店2社の利用でポイント3倍
  • ポイントが無期限
  • メンバーシップ・リワード・プラスに無料で加入できる
  • 航空便の遅延補償あり

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:10,800円(税込み)
  • 家族カード年会費:5,400円(税込み)
  • 治療費用:100万円
  • 携行品損害:1旅行中最高30万円
  • 保険の自動付帯:なし
  • 航空便の遅延補償:あり

スカイトラベラーの記事へ / 目次へ

 

スカイトラベラープレミア

スカイトラベラープレミアカードはスカイトラベラーの上位版で、還元率が5%とさらにポイントが貯めやすくなっています。

メリットは以下のとおり。

  • 航空会社28社・旅行代理店2社の利用でポイント5倍
  • ポイントが無期限
  • メンバーシップ・リワード・プラスに無料で加入できる
  • 航空便の遅延補償あり
  • カード継続利用で5,000ポイント付与

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:37,800円(税込み)
  • 家族カード年会費:18,900円(税込み)
  • 治療費用:100万円
  • 携行品損害:1旅行中最高30万円
  • 保険の自動付帯:なし
  • 航空便の遅延補償:あり

スカイトラベラープレミアの記事へ / 目次へ

 

 

アメックスの法人・ビジネスカード

アメックスビジネスグリーン

アメックスビジネスグリーンは、経営者・個人事業主向けのカードです。

メリットは以下のとおり。

  • 年会費が安い(1万3千円)
  • 様々な経費処理サービス
  • 法人向けのサービス(コンサル・調査・福利厚生など)
  • 旅行サイトで5%から8%の割引を受けられる
  • 「ボーナスポイントプログラム」でポイント3倍に
  • 医療保険が最大300万円

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:12,960円(税込み)
  • 追加カード年会費:6,480円(税込み)
  • 治療費用:300万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円(年間100万円まで)
  • 保険の自動付帯:なし
  • 航空便の遅延補償:なし

ビジネスグリーンの記事へ / 目次へ

 

アメックスビジネスゴールド

アメックスビジネスゴールドは、ビジネスグリーンの上位版のカードです。

メリットは以下のとおり。

  • 様々な経費処理サービス
  • 法人向けのサービス(コンサル・調査・福利厚生など)
  • 旅行サイトで割引を受けられる
  • ボーナスポイントプログラムでポイント3倍に
  • 保険が自動付帯に対応
  • 航空便の遅延補償が追加

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:33,480円(税込み)
  • 追加カード年会費:12,960円(税込み)
  • 治療費用:300万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円(年間100万円まで)
  • 保険の自動付帯:あり
  • 航空便の遅延補償:あり(国内のみ)

ビジネスゴールドの記事へ / 目次へ

 

アメックスビジネスプラチナ

アメックスビジネスプラチナは、アメックスビジネスの最上位のカードです。

メリットは以下のとおり。

  • 秘書サービスでホテル・レストランの手配ができる
  • 3種のホテル会員資格
  • 年に1回の無料宿泊特典
  • プライオリティ・パスが使い放題に
  • デルタスカイクラブの無料利用
  • 1,000万円の医療保険

基本情報は以下のとおり。

  • 年会費:140,400円(税込み)
  • 追加カード年会費:4枚まで無料
  • 治療費用:1,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高100万円(年間100万円まで)
  • 保険の自動付帯:あり
  • 航空便の遅延補償:あり

ビジネスプラチナの記事へ / 目次へ

 

年会費1万円前後のアメックスカード

以下のアメックスカードは、年会費が1万円前後で収まっています。

おすすめはアメックスグリーンで、プライオリティ・パスの年会費が無料になり、ボーナスポイントプログラムでポイント3倍を狙えます。

旅行傷害保険を充実させたいなら、治療保険300万円のアメックスビジネスグリーンもおすすめです。

▷ 目次へ

 

プライオリティ・パスが無料

以下のアメックスカードでは、プライオリティ・パスの料金が一部無料になります。

プライオリティ・パスは、海外の空港ラウンジが利用できるようになるサービスです。

アメックスビジネスグリーン・ゴールドでは、プライオリティ・パスの料金は無料になりません。

▷ 目次へ

 

メンバーシップ・リワード・プラス対応

メンバーシップ・リワード・プラスは、アメックスのポイントをお得に貯められるサービスです。年会費は3,240円(税込み)

メリットは以下のとおり。

  • ポイントの有効期限が無期限に
  • ボーナスポイントプログラムに加入できる
  • 航空会社のマイル交換レートがアップ
  • ポイント利用時の交換レートがアップ
  • ボーナスポイントプログラムでポイント3倍(プロパーカードのみ)

この項目では、メンバーシップ・リワード・プラスに有料で加入できるカード、無料加入できるカード、加入できないカードを列挙します。

▷ 目次へ

 

有料で加入できるカード

有料でメンバーシップ・リワード・プラスに加入できるアメックスカードは以下のとおり。

▷ 目次へ

 

無料で加入できるカード(自動付帯)

メンバーシップ・リワード・プラスに無料で加入できるアメックスカードは以下のとおり。

ただしスカイトラベラーでは、ボーナスポイントプログラムを利用できません。

▷ 目次へ

 

加入できないカード

メンバーシップ・リワード・プラスに加入できないアメックスカードは以下のとおり。

どれも他の会社と提携しているアメックスカードですね。

▷ 目次へ

 

ボーナスポイントプログラム対応(プロパーカードのみ)

ボーナスポイントプログラムは、対象サービス利用で獲得ポイントが3倍になるプログラムです。

対象のサービスは以下の通り。

  • Amazon
  • Yahoo! JAPAN
  • iTunes Store/App Store
  • JAL航空券・ツアー商品
  • H.I.S.海外航空券・海外ホテル・海外ツアー
  • アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン国内航空券

ボーナスポイントプログラムは、以下のアメックスのプロパーカードでのみ利用できます。

スカイトラベラー・スカイトラベラープレミアでは、ボーナスポイントプログラムは利用できません。

▷ 目次へ

 

治療保険が300万円

治療保険が300万円のアメックスカードは以下のとおり。

治安のよくない国、公衆衛生のよくない国に旅行するときは、治療保険が高額なカードを選びましょう。

▷ 目次へ

 

航空便の遅延費用に対応

航空便の遅延費用に対応しているアメックスカードは以下のとおり。

アメックスの航空便遅延費用補償は、飛行機が遅延・欠航したときに食事代の補償を受けられるサービスです。

なお、遅延補償の保険金を受け取るには、

  • 遅延証明書
  • チケットの半券
  • 飲食時のレシート

の3点が必要です。

▷ 目次へ