【比較におすすめ!】アメックスカード13枚の特徴をわかりやすく解説!

アメックスカードは旅行向けのステータスカードとして名を知られています。

年会費は他のカードよりも高いですが、トラベルサービスや旅行傷害保険、その他特典などが充実しています。

ただアメックスカードも10種類以上あり、それぞれカードによって特性が異なります。その違いを見分けるのは、少し骨が折れるでしょう。

そこで当サイトでは、アメックスカードをわかりやすく解説することにしました。

特にこのトップページではアメックスカードの一覧を確認できるため、カードの概要を把握しやすいはずです。

サイト内の記事をしっかりと読んで、自分に適したアメックスカードを選びましょう。

 

アメックスグリーンの特徴

アメックスグリーンは、アメックスのプロパーカードです。

年会費は13,000円程度と安く、トラベルサービス・旅行傷害保険が一通りそろっているため、アメックス初心者の1枚目におすすめのカードです。

 

基本情報

  • 年会費:12,960円(税込み)
  • 家族カード年会費:6,480円(税込み)
  • ポイント還元率:1%(ボーナスポイントプログラムで3%)
  • 傷害・疾病治療費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高3,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高30万円
  • 保険の自動付帯:なし

アメックスグリーンの保険の詳細へ(PDF)

 

メリット

  • プライオリティ・パスの年会費が無料に
  • 旅行予約サイトで5%から8%の割引
  • ボーナスポイントプログラムでポイント3倍
  • ポイントの交換先が多い(航空会社マイル・アイテム交換など)

アメックスグリーンのカテゴリーページへ

 

アメックスゴールドの特徴

アメックスゴールドは、アメックスグリーンより上位のカードです。

年会費は3万円と高額ですが、ゴールド・ダイニングが追加され、それ以外の旅行サービスも大幅にパワーアップしています。

例えば傷害・疾病治療費用が3倍の300万円になり、旅行傷害保険が自動付帯に対応し、さらには航空便遅延補償も付帯されています。

 

基本情報

  • 年会費:31,320円(税込み)
  • 家族カード年会費:1枚目無料、2枚目以降12,960円(税込み)
  • ポイント還元率:1%(ボーナスポイントプログラムで3%)
  • 傷害・疾病治療費用:最高300万円
  • 賠償責任:最高4,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円
  • 保険の自動付帯:あり

アメックスゴールドの保険の詳細へ

 

メリット

  • 1枚目の家族カード年会費が無料
  • ゴールド・ダイニングで、レストランのコース料理が半額に
  • プライオリティ・パスの年会費・2回分の利用料金が無料
  • 旅行予約サイトにて5%から8%の割引サービス
  • 旅行傷害保険が自動付帯にも対応
  • 航空便遅延補償あり(食事代・宿代の補償)
  • ボーナスポイントプログラムで取得ポイント3倍に

アメックスゴールドのカテゴリーページへ

 

アメックスプラチナの特徴

アメックスプラチナは、アメックスゴールドよりもさらに上のプロパーカードです。(最上位はアメックスセンチュリオン

年会費は税込みで14万円と非常に高いですが、ホテルの上級会員資格や優待特典などを享受できます。

傷害・疾病治療費用も1,000万円と、他のカードと比べても圧倒的に高いです。

ただしアメックスプラチナを発行するには、アメックスからインビテーションを受ける必要があります。

 

基本情報

  • 年会費:140,400円(税込み)
  • 家族カード年会費:4枚まで無料
  • ポイント還元率:1%(ボーナスポイントプログラムで3%)
  • 傷害・疾病治療費用:最高1,000万円
  • 賠償責任:最高5,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高100万円
  • 保険の自動付帯:あり

アメックスプラチナの保険の詳細へ(PDF)

 

メリット

アメックスプラチナの公式サイトへ

アメックスプラチナの入手方法はこちら

 

ANAアメックスの特徴

ANAアメックスは、ANAマイルを貯めることに特化したカードです。

ANAグループの利用で取得マイルが1.5倍になり、ANAの提携店をお得に利用できます。

それと年会費が7,000円程度と安いのも、大きなメリットです。

 

基本情報

  • 年会費:7,560円(税込み)
  • 家族カード年会費:2,700円(税込み)
  • ポイント還元率:ANAグループ利用で1.5%、ANA提携店利用で2%
  • 傷害・疾病治療費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高3,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高30万円
  • 保険の自動付帯:なし

ANAアメックスの保険の詳細へ(PDF)

 

メリット

  • ANAグループでの利用でポイント1.5倍
  • ANAカードマイルプラス提携店での利用でポイント2倍
  • ANAグループ便の利用で、10%のボーナスマイル獲得
  • ANAグループでの買い物で5%から10%の割引を受けられる

ANAアメックスのカテゴリーページへ

 

ANAアメックスゴールドの特徴

ANAアメックスゴールドは、ANAアメックスの上位版のカードです。

年会費は4倍ほど高くなっていますが、ANAグループ利用時の還元率がアップしており、旅行傷害保険もパワーアップしています。

傷害・疾病治療費用が300万円あると、海外で病気をしても一応安心できます。

 

基本情報

  • 年会費:33,480円(税込み)
  • 家族カード年会費:16,740円(税込み)
  • ポイント還元率:ANAグループ・提携店利用で2%
  • 傷害・疾病治療費用:最高300万円
  • 賠償責任:最高4,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円
  • 保険の自動付帯:あり

ANAアメックスゴールドの保険の詳細へ(PDF)

 

メリット

  • ANAグループ・提携店の利用で取得ポイント2倍
  • ANAグループ便の利用でボーナスマイル25%
  • ANAグループ提携店で5%から10%の割引サービス
  • ポイントの有効期限が無期限に
  • 旅行傷害保険が自動付帯に対応

ANAアメックスゴールドの解説記事へ

 

SPGアメックスの特徴

SPGアメックスは、高級ホテル向けに特化したカードです。

SPG・マリオットリワードの上級会員資格「ゴールドエリート」が付与される上に、年に1回だけ無料宿泊特典がプレゼントされます。

傷害・疾病治療費用もアメックスゴールドと同じ300万円なので、海外で病気をしても最低限のカバーはできます。

 

基本情報

  • 年会費:33,480円(税込み)
  • 家族カード年会費:16,740円(税込み)
  • ポイント還元率:3%(マイルはポイントの3分の1で交換)
  • 傷害・疾病治療費用:最高300万円
  • 賠償責任:最高4,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円
  • 保険の自動付帯:あり

SPGアメックスの保険の詳細へ(PDF)

 

メリット

  • SPG・マリオットリワードの共通資格「ゴールドエリート」
  • 1年に1回の無料宿泊特典
  • SPG系列のホテル・レストランの飲食代金が15%安くなる
  • エリート会員資格取得用クレジット5泊分プレゼント
  • ポイントを航空会社44社のマイルと交換できる

SPGアメックスのカテゴリーページへ

 

スカイトラベラーカードの特徴

スカイトラベラーカードは、ポイントを効率よく貯めることに特化したカードです。

航空会社28社・旅行代理店2社を利用することで、取得ポイントが3倍になります。

航空便遅延費用補償も付帯しており、航空便が遅れたり、手荷物が紛失したりしても、ある程度の補償を受けられます。

よって、スカイトラベラーカードは海外の航空会社をよく利用する人と相性がいいです。

 

基本情報

  • 年会費:10,800円(税込み)
  • 家族カード年会費:5,400円(税込み)
  • ポイント還元率:3%(航空会社28社・旅行代理店2社の利用時)
  • 傷害・疾病治療費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高3,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高30万円
  • 保険の自動付帯:なし

スカイトラベラーカードの保険の詳細へ

 

メリット

  • 航空会社28社・旅行代理店2社の利用でポイント3倍
  • ポイントの有効期限が無期限
  • 航空会社15社のマイルと交換できる
  • 旅行予約サイトにて5%から8%の割引サービス
  • 航空便遅延費用補償が付帯

スカイトラベラーのカテゴリーページへ

 

スカイトラベラープレミアカードの特徴

スカイトラベラープレミアカードは、スカイトラベラーカードの上位版のカードです。

年会費は4万円近くしますが、特定サービス利用時のポイント還元率が5%になっています。

ただ傷害・疾病治療費用が100万円と低く、プレミアカードの割に旅行傷害保険はイマイチです。

 

基本情報

  • 年会費:37,800円(税込み)
  • 家族カード年会費:18,900円(税込み)
  • ポイント還元率:5%(航空会社28社・旅行代理店2社の利用時)
  • 傷害・疾病治療費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高3,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高30万円
  • 保険の自動付帯:なし

スカイトラベラープレミアカードの保険の詳細へ

 

メリット

  • 航空会社28社・旅行代理店2社の利用でポイント5倍
  • ポイントの有効期限が無期限
  • 航空会社15社のマイルと交換できる
  • 旅行予約サイトにて5%から8%の割引サービス
  • 航空便遅延費用補償が付帯

スカイトラベラープレミアカードの解説記事へ

 

デルタアメックスの特徴

デルタアメックスは、デルタ航空のスカイマイルが貯めやすくなるカードです。

デルタ航空利用時に取得マイルが2倍になるほか、1年間だけデルタ航空の上級会員資格「シルバーメダリオン」が付与されます。

 

基本情報

  • 年会費:12,960円(税込み)
  • 家族カード年会費:1枚目無料、2枚目以降6,480円(税込み)
  • ポイント還元率:2%(デルタ航空利用時)
  • 傷害・疾病治療費用:最高100万円
  • 賠償責任:最高3,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高30万円
  • 保険の自動付帯:なし

デルタアメックスの保険の詳細へ(PDF)

 

メリット

  • 1枚目の家族カード年会費が無料
  • 1年間デルタ航空の会員資格「シルバーメダリオン」を付与
  • デルタ航空の利用でポイント2倍
  • 海外での買い物でポイント1.3倍
  • カード利用継続で2,000マイルボーナス

デルタアメックスのカテゴリーページへ

 

デルタアメックスゴールドの特徴

デルタアメックスゴールドは、デルタアメックスの上位版のカードです。

デルタ航空利用時に取得マイルが3倍になるほか、1年間だけデルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン」が付与されます。

 

基本情報

  • 年会費:28,080円(税込み)
  • 家族カード年会費:1枚目無料、2枚目以降12,960円(税込み)
  • ポイント還元率:3%(デルタ航空利用時)
  • 傷害・疾病治療費用:最高300万円
  • 賠償責任:最高4,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円
  • 保険の自動付帯:なし

デルタアメックスゴールドの保険の詳細へ(PDF)

 

メリット

  • 家族カード1枚目の年会費が無料
  • 入会から1年間デルタ航空の会員資格「ゴールドメダリオン」を付与
  • デルタ航空の利用でマイルが3倍に
  • 海外での買い物でマイルが1.5倍に
  • カード利用継続で3,000マイルボーナス
  • 旅行傷害保険が自動付帯にも対応

デルタアメックスゴールドの解説記事へ

 

アメックスビジネスグリーンの特徴

アメックスビジネスグリーンは、法人の経営者・個人事業主向けのカードです。

利用明細のダウンロードサービスや市場調査の代行など、会社の運営が楽になるサービスが用意されています。

それ以外にも旅行傷害保険が充実していたり、旅行サービスの割引を受けられたりと、旅行向けのサービスもなかなかのものです。

年会費も13,000円程度とお手頃なのがいいですね。

 

基本情報

  • 年会費:12,960円(税込み)
  • 追加カード年会費:6,480円(税込み)
  • ポイント還元率:1%(ボーナスポイントプログラムで3%)
  • 傷害・疾病治療費用:最高300万円
  • 賠償責任:最高4,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円
  • 保険の自動付帯:なし

アメックスビジネスグリーンの保険の詳細へ(PDF)

 

メリット

  • 経費処理が快適になる
  • ビジネスサービスも充実している
  • トラベルサービスが充実している
  • 旅行予約サイトで割引・ポイントボーナスを受けられる
  • ボーナスポイントプログラムで還元率3倍に

アメックスビジネスグリーンの解説記事へ

 

アメックスビジネスゴールドの特徴

アメックスビジネスゴールドは、ビジネスグリーンの上位版のカードです。

年会費はビジネスグリーンより3倍ほど高くなりますが、ビジネス・トラベルサービスがさらに充実しています。

 

基本情報

  • 年会費:33,480円(税込み)
  • 追加カード年会費:12,960円(税込み)
  • ポイント還元率:1%(ボーナスポイントプログラムで3%)
  • 傷害・疾病治療費用:最高300万円
  • 賠償責任:最高4,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高50万円
  • 保険の自動付帯:あり

アメックスビジネスゴールドの保険の詳細へ(PDF)

 

メリット

アメックスビジネスゴールドの解説記事へ

 

アメックスビジネスプラチナの特徴

アメックスビジネスプラチナは、アメックスビジネスの最上位のカードです。センチュリオンのビジネスカードは今のところ存在しません。

年会費は税込み14万円と非常に高いですが、ホテル向けのサービスや旅行傷害保険が充実しています。傷害・疾病治療費用1,000万円は他と比べても圧倒的に高いです。

 

基本情報

  • 年会費:140,400円(税込み)
  • 追加カード年会費:4枚まで無料
  • ポイント還元率:1%(ボーナスポイントプログラムなら3%)
  • 傷害・疾病治療費用:最高1,000万円
  • 賠償責任:最高5,000万円
  • 携行品損害:1旅行中最高100万円
  • 保険の自動付帯:あり

アメックスビジネスプラチナの保険の詳細へ(PDF)

 

メリット

  • プラチナ・セクレタリー・サービス(秘書サービス)で雑務をサポート
  • 3つのホテル上級会員資格が得られる(ヒルトンラディソンSPG
  • 年に1回の無料宿泊特典
  • プライオリティ・パスが使い放題
  • デルタ航空の専用ラウンジを無料で使える
  • レストランのコース料理1名分が無料

アメックスビジネスプラチナの解説記事へ